<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おっ??

3連休でのんびり、、、と言いたいところですが、GREの勉強に追われております。 あと10点足りないために、またストレスと我慢の毎日。GREを受けると決めてから、外出も控えお酒も我慢し(普段から飲んでないけど、、。飲みたいなーって時に飲めないのがつらい、、。)、見たい映画もテレビも我慢。
そんなことをまた繰り返すのかと思うとちょっと途方にくれるわけです。

そこで彼がアドバイス。「とりあえず、アドバイザーに点数言って本当に要求されている点数が必要なのか聞いてみれば??ここはアメリカだし、交渉しだいで何とかなるもんだよ、、、」と。そう、ここはアメリカ。マニュアルになんて書いてあろうと、交渉すればあっさりパスなんてことはしょっちゅうある (CGFNSのビザスクリーンの英語の試験は例外。1点でも足りなければ即却下)。
でもマニュアルどおりの日本人の私は「そんなことあるはず無い」と決め付けて、あえて交渉しないで結局損する傾向がある。

ま、とりあえずやるだけやってみるか、、、ということで大学に電話とメール。すると、私の大学のGPA(成績の平均点)が良いし、GREも要求点に十分近いから、もう受けなくて良いわよ、、、と。えぇーーー!?
そして、「じゃ、インタビューの日にちを決めましょう!!」と。そう、医療系の大学院(他の学部はどうなのかな?)はエッセイ、成績表、推薦状の他に面接というものがある。あー、やっかい、、、。でも、面接では自分を一番知ってもらうチャンスだし、最大のアピールの場。

何を聞かれるのか今のうちに準備しておかなければ、、、。

ということでGREは受けなくてもよさそう、、、。彼の言うとおり、話せば何とかなるものです。でも点数が高ければ高いほどいいにこした事はないし、落ちたときに「やっぱGREが低かったから、、、」って凹むかも。あーだめ、、、。もうすでにネガティブ、、。念のためまた受けておいた方がいいのかな、、、?

だめだめ!!がんばれ自分!!

まだ他の学校に出すエッセイが終わってないので終わらせなければ、、、。1校1校エッセイの質問が違うので考えるのに時間がかかります。アイディアがなかなか出ないと、私は本当に大学院に行きたいのだろうか、、、?と自問自答。

最近のフロリダは曇り空と雨が時々降ってウツっぽくなりやすいです、、、。Sunshine stateはどこに行った!?
[PR]

by orangenurse | 2010-03-31 05:00 | 学校生活

あ"--もうっ!!

昨日2回目のGREを受けてきたのですが、結果は、、、あと10点足らず。前回よりも勉強したし、もしかしたら、、、っていう期待と奇跡を待っていたけれど、残念な結果に終わってしまいました。落ち着いて考えれば解ける問題を焦ってしまい、時間が足りなくて最後の方は問題読まずに答えを感で答える形になってしまい、やっぱりまだまだ練習が足りないんだなー、、、と反省。
英語がね、覚えた単語が1-2個くらいしか出なくて、これでもか!!というくらい知らない単語が多かった。ある意味笑える、、。

ポジティブに考えると、前回よりも点数は上がったので勉強の成果は出てるのかな、と思いたい。あとはもって練習するのみ。
なんだかいつもテスト受けるたびにこんな事繰り返していて、嫌気がさす。
でも、なんだかんだ言っても本当に時間が無いので次がラストチャンス、、、。がんばれ自分!!

今日はICUへフロート。コードブルーあり、STAT RESPONSEあり、重症患者あり、忙しい1日でしたが、私の患者はわりと落ち着いていたのでラッキーです。どうか明日も落ち着いていますように。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-28 10:05 | 学校生活

いそがしぃーー

月、火と仕事だったのですが、最近は病院がとにかく忙しい。退院が出ればすぐに入院がきて息つく暇がない。おとといは初めてMed-Surge(内科外科)病棟にお手伝いで呼ばれて、システムや物品の場所など全く違うのでオロオロしまくり。うわさではスタッフが冷たいと聞いていたのですが、私が一緒に働いたスタッフは優しいいひとだったのでよかったです。

昨日もとにかく忙しくて、退院のオーダーがあるたびに「はー、次入院とるのか、、」とため息がでる。
ミスが無く無事に終わることだけをめざしてただひたすら働いている感じです。

受け持ちの患者の1人が「先生がこない、シーツも3日間変えてない、もう家に帰りたい、、、。」と不満を言い出して、座ってよくよく話を聞いてみたら先生達はいつも夜遅くに来て十分な説明もないまますぐに行っちゃうとのこと。うちの病院ではそういう不満がしょっちゅうで、本当に患者さんがかわいそう。
話を聞いた後、シーツも交換してあげたら(シーツ交換はナースの業務ではないのだけれど、、)機嫌が良くなって一安心。部屋を出る前に「座って話を聞いてくれた人、あなたが初めてだよ、、ありがとう」って。そんなちょっとしたことで感謝されて嬉しいんだけど、よっぽど不満がたまっていたんだと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

ナースとして大事なこと思い出させてくれました。

今日は本当は仕事のスケジュール入れてたんだけど、先週のうちにキャンセルしておいたのでOFF。よかったぁーーー。3日連勤は精神的にきついです。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-25 00:28 | ナース生活

Happy Birthday !!

今日はうちの猫ちゃんの推定3歳のお誕生日です。推定1歳から飼い始めたので、一緒に住んで2年。来た頃はガリガリで風邪も引いて大変だったけど、今は良く食べ寝て、逆に太りすぎてきました。

「一緒に寝る」夢はまだ叶ってないけれど、ちょっとづつ距離がちじまってきました。家の中ならどこ行くにもついてくるし、時々甘えてくるし(このツンデレな所に弱いのよねぇー。)

そして最近になってまた変化が。勉強をしていたらピョンと椅子に飛び乗って、私の後ろで寝てるじゃないの。

d0014975_21152514.jpg

ちょっとぶれちゃったけど、かなりのスクープです。

この調子で来年には私の膝の上で眠り、そして再来年には一緒に布団に入って眠ってくれるかも!?

猫のおかげで癒されております。

もう1匹ほしいなぁー、、、なんて最近思う、、、無理だけど。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-19 21:22 | アメリカ生活

疲れた、、、

先週の金、土、日と連勤で月は休みで火、水とまた連勤でかなりハードなスケジュールでした。今は休みの日と勤務後はGREのテスト勉強に当てているので、寝不足と不安な毎日が続いてます。

おととい、昨日と103歳のおばあちゃんを受け持ちました。軽い脳梗塞で来たのですが、足もしっかりしてるし、記憶もちゃんとしていて自分の歯もあるし、感心するばかり。心臓もしっかりしていてきれいなSinus Rhythm. とても100年以上動いている心臓とは思えません。

そのおばあちゃんは問題ないのですが、問題なのはその娘。一言一言が嫌味っぽくて、カチンと来る。昨日も「あなたの英語はアクセントがあるから電話じゃ何言っているか全然分からなくてぇーー」なんて。言葉に関して言われてしまうと何も言えません、、、。一番きついです。私は人を助けたくて、お世話がしたくて、一生懸命がんばっているのに言葉の壁のために限りがあると思うと悔しくてたまりません。
前にも電話で患者の家族と話したとき「あなたの言っていることが良く分からないから、他のナースに代わってくれる?」って。家族はちゃんと患者の情報が欲しいのでもっともなのですが、やりきれなさを感じる上に、まわりのナースに手伝ってもらわなくちゃいけないので、ますます自信を無くすわけです。

こういうことは外国にいる限りずっと続くことなので、ある程度覚悟しておかないと。

気持ちをリセットしてまたがんばります。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-18 21:40 | アメリカ生活

撃沈

この間GREを受けに行って結果は惨敗、、。やる前からこうなると分かってはいたけれど、ひょっとしたら、、っていうわずかな期待と奇跡を待っていた。やっぱり勉強不足が問題。単語が難し過ぎてもうあきらめ入っていたからなぁー、、、。
落ちると分かっていても、実際落ちるとへこむわけで、、、。なんなら受けなきゃ良かったとも思ったりするけれど、受けなかったら自分のダメさに気づかないのでいい経験だと思って前に進むようにします。

また来月受けるけど、これがラストチャンスだと思ってがんばります。TOEFLもIELTSも何だかんだ言いながらも結局パスしてるんだから、今回だって大丈夫!!気合だ!!

土日はお仕事でそんなに忙しくなく終わりました。いつも今日みたいに穏やかにすぎればいいのに、、。
肩の手術を受けた患者をもったのだけど、手術をした先生が術後まったく患者を見に来ない。
整形の先生は術後その日に退院までのすべてのオーダーを出すようになっている。痛み止めから消毒の指示まで。ドレーンの抜去も指示にあったりして「抜いちゃっていいの??」ってドキドキする。
よほどの変化がない限り先生に電話する事がないようになっているのだけど、いいのかなそれで、、って思う。はっきり言って無責任。手術した患者が気にならないのかな??そんなに自信あるのかな??
患者はてっきり先生が来ると思って待っているのだけど、来ないから怒りのはけ口がナースである私達になって、どういって良いのか分からない。
今日はその先生のポケベルを鳴らしてみたけど、案の定連絡なし。

こっちで働いてみて思うのは日本人の医者の方がよっぽど知識があるし、患者を気にかけている。
最近、アメリカの医療が本当にいいものなのか不信感が出てきました。いいと思っていたのは錯覚かも、、、。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-01 12:05 | アメリカ生活