<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

頑張れそう。

プリセプターが変わって2回目の勤務。1日目はプリセプターも私がどこまでできるのかわからないし、私もプリセプターがどこまでサポートしてくれるのか分からなくて戸惑った事が多かった。でもこのプリセプターもいい人でとても知識の多い人ですごいナーとただただ感心。
プリセプターにあらかじめ自分の弱点(コミュニケーションとオーダー受け)を話しておいたので、プリセプターもそこを中心にサポートしてくれた。
彼女いわく、「もう1人立ちして十分じゃないの?分からない事があれば聞けばいいし、流れが把握できているからそれでいいと思うんだけど、、、」と。嬉しいけど不安がまだ残る、、、。
他のナースにも話しを聞くと、1週間でオリエンテーションが終わってしまってわけが分からないままひとり立ちしているナースもいて、そんな話しを聞いたら自分がどんだけ甘えているか分かった。「失敗が怖くて誰かに側にいて欲しい。」っていう甘えの気持ちがひとり立ちできない大きな原因だと思う。誰だって失敗は怖いのに、、、、。
1日目を終えてプリセプターに「You are a dictator, You need to delegate.」 といわれた。どうやら私は周りの人に助けを求めず、何でも自分でやろうとするから時間が無くなり、記録や処置が間に合わない。だから自分が指導者となり、まわりにどんどん助けを求める事!!という事だった。 確かに、そうかもしれない。病棟にはTechといういわゆる看護助手だけど、彼らはバイタルチェック、患者さんの体を拭いたり、ナースコールをとったり、食事介助したり、医療行為以外の日常生活援助をすべてやってくれるので、手が足りない時は頼んでいいのだ。そのために各自電話を持ってすぐに連絡できるようにしてある。
でも、私の考えとしてはTechもたくさんの患者を抱えて忙しそうだし、ちょっとした事で呼ぶのも悪い気がしてついつい自分でやってしまう(全部はできないけど、、、)。そして、日本では看護師が全ての行為をしてきた。それも看護の1つという考えがあるから。
もう一つの原因として、人に何かを頼むのがもともと苦手。嫌がられたりするのがこわいからかなー??中学生の頃友達に「Nちゃん(私)って、八方美人だよね」っていわれた事がある。誰にでもいい顔して調子がいいみたいな意味で言われたんだと思うけど、そうなのかな??確かに周りを気にしすぎて嫌われたり、悪いイメージを持たれたりするのが怖くて周りに合わせることもあるけれど、、、、。
患者さんにも悪い印象を与えたくないし、病院のイメージにも響くからなんとか患者さんの希望に応えようとして自分の仕事を後回しにして、Techがやる仕事もついついやってしまうのかも、、、。
こっちでは嫌な事は「嫌」、できない事は「できない」って自己主張が強い人が多いから、その環境に慣れないとなー、、。

プリセプターに「医者や他のスタッフと話すのがとにかく緊張する」という話しをしたら、「You need to socialize, You need to be a part of the team」って言われた。そして、彼女は病棟に来る医師それぞれに私を紹介してくれた。「She is afraid of Dr」って冗談(でもない)を言いながら、、、。でも彼女のお陰でなんだか周りの輪に入り込めた気がする。
プリセプターと話していく中で、「仲間意識を高めてコミュニケーションしやすい環境」を作って行く事が今の私の課題だという事に結論がついた。そのためにSocializeにならないと。周りはいつでも私の助けをサポートしてくれる。大切なのは私からその助けを(声を出して)求める事だ、、、。

2日目はプリセプターはほとんど付かず、私のやりたいようにやらせてくれた。戸惑う事が多かったけれど、仕事をやり終えて「なんだ、、自分だけでも動けるじゃん、、、。」っていうちょっとした自信が芽生えた。以前のプリセプターはほとんど私にぴったりくっついていたから、自分がどこまで出来るか分からなかった。
オリエンテーションはもう今月で終了できるようにしよう。「1人立ちできます」って自信を持っていえるようにしよう。
[PR]

by Orangenurse | 2007-10-30 22:37 | ナース生活

まだまだ、、、、、

仕事を始めて早2ヶ月。まだまだプリセプターがいないと不安な状況で働いてます。私のプリセプターは本当に有能。知識豊富でスタッフ(特に医師)や患者からの信頼もあつく、時間内に仕事を終え、気が利いていて全ての事に丁寧でとにかく感心します。そのプリセプターとの仕事も今日で最後。次のシフトから別のプリセプターが付くのです。せっかく今のプリセプターと慣れてきたのに、、、。でもいつまでも今のプリセプターに甘えてちゃいけないのかな、、、なんて思ったり。色んな人から色々学ぶのもいいだろうし、、、。
とにかく不安だらけ。5人患者持っていても精一杯で、患者の検査値とか薬とか病態生理とか治療方針とかがまだ繋がってなくて、なんでこのオーダーが出ているんだろう、、、って考える余裕がないままとにかく言われるまま動いてる感じ。
神経質な患者や家族が特に苦手。余計に緊張しちゃって言葉も出ない、、、、。逆にお年寄りやちょっと呆けている患者さんとはすっごくやり取りしやすい。
看護師1人1人に電話が持たされて、色んなところから電話がかかってくるし、話しが見えないし、電話の相手も聞きなれない私の名前を聞いて「????Sさん(プリセプター)いる?」てな感じ。
このままじゃ何日経っても1人立ちなんて無理そうな気がしてならない。海外で働くナースは同じ思いをして来ているのだろうか、それとも私の仕事の飲み込みが悪いのか??
日本では患者を9-10人夜勤はそれ以上受け持っていたけれど、なんとか仕事していたのになー、、、、。やっぱり言葉のせい?環境のせい?
今週の勤務は終了。
TOEFLの結果は予測どおり駄目でした。一緒に受けていたロシアの子は予測どおり目標点数を楽々超えてました。また受けなくちゃ、、。もう、英語のバカ!!「なんでアメリカ人に生まれてこなかったんだろう」なんてどうしようもない事考えたりしてます。
頑張れ自分!!
[PR]

by Orangenurse | 2007-10-24 11:19 | ナース生活

なんだか悲しい、、、。

目まぐるしい1週間の後、ちょっと風邪を引いて今はすっかり回復しました。今日は勤務だったのですが、日曜日だからそんなに大変じゃないだろうなんて思ったら大間違いでした。
受け持った1人の患者が朝から不機嫌で、それが全ての始まりでした。患者いわく何の検査もしないで病院に3日間も放置されて、意味が無い。点滴も15回くらい刺されて(血管が見えなくて難しいのです。)もう耐えられない。との事。休日のため主治医はいなくて変わりのDrに状況を説明するが、そのDrも患者をちょっと診ただけですぐにどこかに行っちゃって、、、、。
とにかくいろんな事があって、結局患者と家族の怒りはおさまらずに荷物をまとめて病院を出ちゃったわけ。
普通、医師の指示に従わず病院を出る前に患者はAMA「Against Medical Advice」という紙にサインをしなくちゃいけないんだけど、その患者は「病院は何もしないで私をここに置いて、悪いのは私じゃない。責任は全部この病院だ」って言ってサインをせずに帰ろうとしたわけ。
問題になりそうだったから、全部プリセプターに付いてもらって説明も全部してもらって私はただ後ろで話しを聞くだけ(しかできなかった、、、。)
SupervisorもSecurityも呼んだけど結局その患者は帰っちゃったのです。
私達はその経過をIncident Reportにまとめて記録も漏れが無いか確認しました。正直患者の言い分も病院の言い分もよく分かる。どっちがわるいとかじゃないけど、何か他の方法はなかったのかなーって。もうこの患者はこの病院には二度と来ないだろう。友達や近所にいかにこの病院が悪かったか話すだろう、、、。そう思うととても残念でなりません。
休日はスタッフが不足しているせいもあって、なかなか検査が進まなかったり医師と連絡が取りにくかったりして患者にとってはいい迷惑。でももうちょっとDrが患者とよく話しをしていれば良かったのになーと思う。
この問題が大きくならなければいいけれど、、、。
この患者の他にももう1人退院で問題が発生して、今日はとにかく苦情係の日だった。
明日も明後日も勤務。 何もおきませんように。。。。
明日はJacho(病院監査)が来るんだぁーーーー!!何も聞かれませんように。
[PR]

by Orangenurse | 2007-10-22 12:04 | ナース生活

目まぐるしい1週間。

先週の金曜から昨日まで彼の家族が台湾からフロリダに遊びに来てました。彼のお母さん、お兄さん夫婦の3人で、彼のお父さんは仕事上来れませんでした。
彼の家族には台湾に行った時に何回か会っているし、英語も話せるので特に緊張もせず、打ち解けてました。 私もいくらか中国語を覚えたので、彼らが中国語を話していても何となく会話の内容が分かって以前よりもコミュニケーションがしやすくなりました。
とにかく毎日遊んで、夜中に寝る状態が1週間続きかなり疲れました。

(先週)金曜 彼の家族到着。オーランドのホテルに泊まる。
    土曜  ショッピング、ディズニーダウンタウンをブラブラ。この日もホテルに1泊
    日曜  ディズニーワールド(MGM STUDIO)。この日は私達の家に帰る。オーランドか         ら車で1時間半。
今週)月曜ー木曜: 私は仕事と勉強会。彼の家族はマイアミとアメリカ最南端のKey   
             Westへ。
    金曜:午前中ショッピング。午後から再びオーランドへ。夕方6時から夜中2時まで 
        Universal Studioで 期間限定の ”Halloween Horror Night ” を満喫
    土曜: 朝11時の便で家族は台湾へ帰国。

とまあこんなスケジュールで1週間があっという間に終わったのですが、とても楽しく充実してました。彼のお母さんは62歳ですが、ジェットコースターにも乗ったし、アメリカンフードも毎日食べてたし、とにかくタフ。
彼は良い家族孝行ができて嬉しそうです。

Halloween Horro Nightはとにかくすごい。Universal Studio全体がお化けムード一色。照明を全部暗くして、煙を炊いて、至る所にゾンビ達がうろついて突然驚かしてきます。
客に触ることは無いのですが、 ぎりぎりまで近づいてきてチェーンソーなど振り回してきます。
アトラクションもお化け屋敷だらけで、全部本格的。
私はお化け屋敷がにがてだったので、とにかく叫びっぱなしで、かなり標的にされてました。
最後、Universal Studioを出る道にも思いっきりスモークが炊かれていて、隣にいる人さえ見えなくて、突然お化けが出てくる状態で私の恐怖は最高潮に。半泣きと逆切れが混じった失神寸前の状態でやっと出口にたどり着く事ができました。
怖いのが好きな人は是非行ってみてください。

今日は一気に疲れが押し寄せて体がかなりだるいです、、、。明日からまた仕事。気を引き締めて頑張らなくちゃ。
[PR]

by Orangenurse | 2007-10-15 00:47 | アメリカ生活

厳しい現実

今日マネージャーから緊急ミーティングがあり、仕事終了後勤務者全員集合。何事かと思ったら、どうやらあるフロアーの看護師2名がクビになったとの事。ある患者さんが急変してコードブルーチームや医師に連絡する前に昇圧剤や他の薬をオーダーなしに始めたとの事。その看護師さんたちは病院で何年も働いてきて経験も豊富。たったこの出来事で病院から去らなければいけないなんて、、。いきなりの報告にスタッフみんながびっくり。
以前にもある看護師が勤務日に具合が悪くて、病院の点滴をオーダーなしに使ってクビになった例があって、びっくりした。「たったそれだけで??」って思った。
ここではルールが全て。どんなに経験豊富な看護師だろうと、患者やスタッフから慕われようと、ルールを破れば即クビなんです。だからこそ自分の身は自分で守らなくちゃいけない。
うちの病院は全ての患者さんに退院後病院の評価をしてもらって、毎月その結果をマネージャーから知らされるのですが、結構「Negative」という回答が多い事にびっくりした。ナースやドクターの態度が悪いとか、食事がまずいとかけっこう散々書いてあって、患者さん達は色んなところをよく見てるなーっ、手厳しいなーって思ったのと、正直働くのが怖くなった。
いつか名指しで駄目だしされそうな気がして、、、、。

今日の仕事はなんだか手一杯だった。患者4人しかいないのに、プリセプターがドクターや他のスタッフと連絡や確認を全部やってくれたのに、なんだか一杯一杯でしかも夜渡すはずの薬を間違えて朝渡してしまい、スーッと血の気が引いた。幸いその薬は大事に至るものではなかったので、プリセプターから「次は気をつけてね」という注意だけ受けた。ミスに気づいたとき「もうクビだ」って思った。
薬には特に気を使っていたはずなのに。時間をかけてチェックした上に間違えるなんて、本当にどうしようもない。
まわりのGN達は1人立ちし始めてDrとの連絡や書類の処理をなんなくこなしてなんだか私だけすっごくおいてけぼりをくっている事に情けなさと、悔しさと色んな気持ちが混ざって泣きそうになった。でも泣いてもしょうがない。今はとにかくいろんな事に慣れて、覚えていくしかない。
いつまで働けるんだろう、、、。
とにかく明日はミスがないように気をつけよう。
[PR]

by Orangenurse | 2007-10-11 11:54 | ナース生活