<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Confidence!!! May 27, 2006

satate board から正式な合格通知が来たけど、「ソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)がない限り正式な免許証は発行できません」という言葉も添えられてた。そう、次なる課題はSSN。テロ前は外国人でも簡単に手に入っていたけど、今では就職先が見つからないと発行できないとの事。私はF1ビザなので学校内でバイトを探すしかありません。免許を持っていてもF1ビザは学校外で働けません、、、。H1Bビザに変更する必要があります。H1Bを手に入れるにはスポンサーとなってくれる病院を探し、かつVISA SCREENという海外の医療従事者が働くにあたって、十分な英語の能力があるかを証明する証明書を発行してもらう必要があります。どうやって証明するか、、、? TOEFL、しかもiBT(internet based test)です。昨年までTOEFLはリスニング、文法、リーディング、ライティングの4項目でしたが、今は新しくなって文法が無くなり代りにスピーキングが加わりました。新たな壁です、、、。
話が戻りますが、SSNをとるためにバイトを探してきました。うちの学校にはlearning labという所があってそこで話を聞いて来たのですが、「何か教えられる教科はある?何ができる?電話の受け答えなんかはできる?」なんて聞かれて正直戸惑いました。得意な教科なんてないし、英語で教えられるかどうか分からないし、電話の受け答え、、相手によるしなー、、。なんて考えたら急に自信がなくなってきました。私は一体何ができるんだろう、、??アメリカ人は自分をアピールする事が得意だけど、私はそれが極端に欠けている気がする。自分を褒める事もしないから自信を持てるものが1つもない、、。どうやったら自信てつくもんなんだろう??根拠のない自信でも欲しい位です。何かアドバイスください。
[PR]

by orangenurse | 2006-05-28 02:31 | アメリカ生活

ありがとう。        May 20,2006

NCLEX-RNが終わって1週間。リラックスできるかと思いきや、逆に落ち着かなくなってしまいました。正式な合否がでるまで⒊〜4週間。とてもじゃないけどそれまで待つのはあまりにも酷なので「quick result」を選びました。「quick result」というのはその名の通り、$7.95を払えばインターネットで試験終了から2−3日で結果が見れるというせこいサービスです。お金払ってもし落ちていたら、、と思うと何か悔しくてためらっていたけど、結果を心配してウジウジしているのも嫌なので勇気を出してみる事にしました。「えぇーい、ダメならダメでいいや!もう今さらどうしようもない!」と半ば投げやりで、、、。

「PASS」の一文字。これって受かったってことだよね?隣で見ていた彼も目が点。
どうやら私はNCLEX-RNに受かったようです。最初は頭が真っ白になりましたが、後からジワジワと喜びがこみ上げてきました。(あまりにもこみ上げすぎてその後pukeした程。汚くてごめんね。)
よくコンテストなんかで優勝が決まった人の「信じられません。まさか自分が受かるとは思っていなかったので、、。」っていうコメントが嘘っぽくてしかたなかったけど、まさにその言葉が自分の口からも出てきました。
後は正式なletterを待つのみ。私は「social seculity number」がないので正式な免許が発行されないのはすでに分かってます。これからがまた大変なんだなー、、。
でも、とりあえずやっとスタートラインに立てた事が何よりもうれしい。小さい頃から夢見ていた「アメリカのナース」に一歩近づいたのですから。
ここまで来れたのも日本で応援してくれている家族や友達、恩師、そしてアメリカで知り合った友達のサポートがあってこそだと思ってます。
1人1人に会って「ありがとう」といいたい所ですが、もっと形になった時にお礼にいきたいと思ってます。
みんな、本当にどうもありがとう。私の試練はこれからも続きます。だからこれからもサポートよろしくお願いします。
まずはご報告まで。

natsuko
[PR]

by orangenurse | 2006-05-21 01:09 | ナース生活

NCLEX-RN情報    May 15.2006

NCLEXを受けるにあたって他の人のblogやHPが役立ったので、私も役に立てるようにいくつかの情報をblogに載せておこうと思います。
私が受けたNCLEXは優先度の問題が多かったです。「それぞれ薬が処方された患者が4人。1番最初に投薬しなくてはいけない患者はどれか?」とか「夜勤帯のNsの申し送りから、一番最初にチェックしなくてはいけないのはどの患者か?」とか。とにかくどの選択肢も紛らわしくて悩みました。問題をよく読んで本当に質問されている事はなにか?を知るのがポイントだと思います。あと記録の正しい書き方なんかもありました。看護師が誤薬をして正しい記録の書き方は?患者が転倒した時の記録は?とか。
あとHIVやHBVの感染対策の問題が多くあったように思う。
点滴の滴下の計算や図を見てマークするとかいう問題は一つも聞かれずちょっとがっかり。精神は「Borderline disorder」の看護が2つか3つあったように思います。
あと「deligation」の問題は多く出るかと思ったけど、2つくらいだったし、どれも難しかった、、。
(試験会場について)
TOEFLを受けた事のある方は想像しやすいかと思います。試験会場にテキストブックなどは持ち込み禁止です。まずフロントでATTとID(パスポートや運転免許証などスペルが合っているもの)を提出し指紋と写真を撮ります。私物は鍵付きのロッカーにしまいます。
名前を呼ばれたら別の人が一通り説明してくれます。耳栓も提供されます。計算用にマジックとプラスティックのボードももらえます。テストルームに入る前にもう一度指紋をとります。
テストルームは他の人も他の試験(NCS PEARSONはNCLEXだけじゃなく色んなテストを提供してます。)を受けているので、みんながNCLEXを受けていると思って焦らないように。
席に着いたら一通りの説明を読んでマウスの操作方法に進みます。ここからは時間がカウントされるので、これに時間を取られないように気をつけて下さい。
練習が終わったらいよいよ本番です。
画面の右上に残り時間、右下に問題数がでます。答えを選んで「NEXT」を押すともう前には戻れないので1つ1つ慎重に答えて下さい。
2時間と3時間半経った所でPCは1度ストップして「休憩しますか?」という文字がPC画面に出てきます。休憩時間もカウントされているのでのんびりしすぎないように。部屋に出る時入るときに指紋をとります。(厳しいよね。替え玉する人いるのかな??)
テスト時間は6時間。最低問題数は75問、最高で265問です。最初は普通の問題から始まって、合ってると次の問題は難しくなっていきます。コンピューターが「この人は十分な知識がある!」または「不十分」と確信した時点でPCはシャットダウンします。問題数が多いか少ないかは合否に関係しません。だけど、もし75問で終わったらその人はすっごくできたかすっごくできなかったかのどちらかだと思います。
試験が終わると簡単な調査に答えて試験終了です。
私は最初の方で1つの問題に時間がかかりすぎて後半はかなり疲れました。スタミナがほんとうに必要ですよ。
ながながと書きましたが、以上が大まかな流れです。
www.ncsbn.comでbulletinがダウンロードできるので見ておくと良いかと思います。
また思い出した事があれば書いていきたいと思います。
[PR]

by orangenurse | 2006-05-16 04:22 | ナース生活

NCLEX-RN May 13, 2006

昨日NCLEX-RN(アメリカの看護師免許試験)を受けてきました。正直「tough」の一言。考えたくないけど、今回はダメでもしょうがないか、、、というような気持ちです。知らない単語や薬もあったし、看護判断力がまだまだだなーと実感。試験が終わった後、頭がボーッとしてあまり記憶がなくてどんな問題だったかも思い出せなかったけど、時間が経つにつれて徐々にclearになりました(笑)。出願準備から1年ちょい、色々ありました。最初は1問解くのにすごく時間がかかって5問解ければ万歳の状態でしたが、試験前は1日100問以上解いてもそんなに辛くなかったし、単語もたくさん覚えたしimproveしたと思ってます。
何より嬉しかったのは、試験前夜は眠れた事、当日の朝ちゃんと朝ご飯を食べれた事、緊張はそれなりにしたけど、わりと平常心を保って受験できた事です。いつもは試験前は眠れないし、食欲ないし、頭真っ白になるタイプなので今回は本当に良かった。
また受ける事になっても1回目の時よりはもっと効率良く勉強できるかと思う。

昨日は一段落着いた事だし、学校も夏休みに入ったので「Olive Garden(イタリアンレストラン)」でお疲れ様会をしました。久々にワインを飲んでフーッと溜息。
試験が終わった事だし少しは気が楽になるかと思ったけど、結果が来るまで落ち着けません。また勉強しておかないといけないし。余計にストレスかも、、、。
今朝はニキビが2つも増えてました(私の年はニキビよりも「吹き出物」と言った方がいいのかな?ハー、、)。
月曜日からは夏休みですが、私はクラスをとったのでまだまだ休めません。
とりあえず一段落ついたので皆さんにお知らせしておきます。
NCLEXの問題について知りたい人はメールください。
[PR]

by orangenurse | 2006-05-14 08:09 | ナース生活

いたたた、、、       May 1, 2006

早いものでもう5月。4月は本当にあっという間だった、、、。
最近珍しい事が起きたのでブログに(記念に)書いておきます。なんと「舌」に 口内炎ができました。舌の先端に針の大きさ程の穴がぽつりと、、。小さい穴だけどかなり痛い。
舌ってこんなに敏感だったっけ?唇にできるよりもやっかいかも、、、、。何するにも痛いし、薬つけると味がするのと食べちゃうので意味がないし、穴は深くなる一方。
口内炎をネットでチェックしたらある人は自分の口内炎を写真に載せて自慢していた。一度に3つもできてかなり痛いとの事。そりゃそうだよね。世の中にはいろんな人がいるもんだなーと実感しました。
唇と鼻の間のニキビがやたらに増えた、、。ひげみたいに見えないか心配。

口のトラブルは胃と関係しているらしいけど、これもやっぱりストレス?
世の中ストレスを抱えていない人はいないと思う。ストレスを無くす事よりどうつきあうかが大事なんだね。
何がいいんだろう、、、?
[PR]

by orangenurse | 2006-05-02 11:27 | アメリカ生活