カテゴリ:アメリカ生活( 155 )

残念な日本語

彼が台湾から帰ってきました。1ヶ月半の休みは長いようであっという間だったようです。台湾からたくさんお土産を持ってきてくれたのですが、なんだか見慣れたものが、、。パッケージに「ダイソー」と書かれた文字が、、、。台湾にもあの100円ショップのダイソーがあるなんて驚きです。久々に日本の商品を見て感激でした。耳かきも買ってきたのですが、そのパッケージに「エコロカルな心」って。さらに「竹は木に代わゐ有効な資源として注目をめひています」と。残念です、、、。どこで作られたのかわからないけれど、やっぱり外国人が訳す日本語はちょっとへん。アメリカのアジアスーパーマーケットに行くとそんな商品がたくさんあります。また何か面白いもの見つけたらUpしていきたいと思います。

最近は特に変わったことはないかな、、、。学校の方は相変わらず覚えることがたくさんで頭痛い、、。薬理学を取ってみたのですが、これがまた覚えることがたくさんで、、。知らないことが多すぎて、仕事している自分が怖い。ま、分からないことがあるから勉強しているんだけど。ナースプラクティショナーになる人は本当にすごい!!尊敬です。

もう10月だというのにフロリダはまだまだ暑い日が続いてます。夏バテ一年中しているかんじ。
[PR]

by orangenurse | 2008-09-25 06:13 | アメリカ生活

Nick Vujicic

昨日クリスチャンの友達に誘われてNick Vujicicという人の公演を聴きに行った。彼は現在25歳のオーストラリア人。生まれつき手足がない状態で生まれてきた。奇形の左足が器用に動くのでそれで字を書いたり、パソコン打ったり、本を読んだりしているらしい。
熱心なクリスチャン教徒の両親に生まれたが、小さい頃は神なんて信じなかったとか。両親もかなりショックだったらしい。そりゃそうだよね。毎日神様に平和と幸せを願っているにもかかわらず子供が両手足なしで生まれてくるんだから、、、。
Nickも自殺を試みたり、かなりつらい時期を送ってきたけれど、ある日その欠点を長所に思えるようになったんだとか。両手足がなくてもスポーツはできるし、勉強もできるし、生活に支障なく過ごせている。世界中を周って多くの人たちに彼の経験を語って、たくさんの支持を得ている。彼は「両手足がなくてよかった。」と宣言していた。
彼の公演をきいていて、日本の乙武君を思い出した。彼も同じような状態だが、Nickのような器用な左足がないぶん、Nickよりも腕がちょっとだけ長い。
Nickも乙武君も同じ障害(彼らは障害とは思っていない)を抱えながらも前向きに、普通の人(手足がちゃんとある人)以上に楽しく過ごしていると思う。
Nickはクリスチャンなので、昨日の公演はほとんど神について。神がどのように彼を支えてきたのか、神にどれだけ感謝しているかと熱弁していた。私はクリスチャンではないので、神の存在を心のそこから信じてはいないけれど、神を信じることでそれだけ前向きになれるのならそれはそれでありだと思う。
でもNickを見たクリスチャンたちは「神はNickを救った。神のおかげでNickはこんなにもすばらしく生きている」とさらに信仰が強まるに違いない。

なんでも揃っているのは時として人を怠け者にさせる。私もアメリカに来て色々不便な状況に陥ったとき、自分なりに工夫して学ぶことも多かった。贅沢なのも良し悪しだね。

興味のある方はNickのHPチェックしてみてください。

[PR]

by orangenurse | 2008-09-04 23:11 | アメリカ生活

誇りあるアメリカ人達。

前々から思っていたことがあるのだけど、アメリカの大学にはそれぞれのマスコットキャラクターがあって、そのキャラクターがついたタオルやらカップやらとにかくなんでも商品になっている。たとえばフロリダ大学は「ワニ」、フロリダ州立大学は「インディアン」、その他にも色々あります。学校の名前やキャラクターの入ったTシャツなんかを着ている学生を良く見るし、カープレートにもロゴの入ったものをつけている人がいて「あの人はOO大学(卒)の人なんだ」と一目瞭然。でも、その学校がハーバード大学にしてもそれはまったく嫌味に見えない。逆になんかかっこいい。

これを日本に当てはめてみた。もし誰かが「東京大学」や「慶應義塾大学」もしくは「亜細亜大学」と書いてあるTシャツを着ている人を見たらどう思うだろうか、、、。来ているすべての人が本当にその学校卒ではないかもしれないけど、私なら「ちょっと自慢!?」とか「ほんとー??」と引いて見てしまうと思う。それが英語で書いてあったとしてもかっこいいとは思わない。何なんだろうこの違いは。
大学名以外にも「私の娘(又は息子は)OO学校の優等生です」って書いてあるシールなんかを車に張っている人もいる。でも嫌味じゃないんだよねーーー。

自分がその学校の学生であることに誇りを持っているというか、堂々としている。いいんじゃないかなそういうの。私も「School of Nursing」と入ったTシャツをぜひとも着て堂々と自分が看護学生であることを自慢したい。と思うようになってきました(笑)。
[PR]

by orangenurse | 2008-09-03 08:39 | アメリカ生活

FAY

参った、、、。ただいまフロリダはToropical Stormでかなりのダメージを受けています。台風っていうのかな??何しろ大きい上に速度が遅いのでおとといから大雨が続いて洪水の被害が相次いでます。うちのアパートの駐車場もひざ下くらいまで水がたまっているところもあって泳げそう、、、。幸いこの3日間仕事が休みなので家で待機してますが、明日はCPT申請のため学校に行かなくてはいけません、、、。でも学校も閉めるとか閉めないとか、、、。困った、、、。CPTが更新できないと仕事ができない。病院の方からも早くだしてねーと電話が入ったけど、この調子だと明日までに手に入るかどうか、、、。

ほんと、肝心な時に限ってタイミングが悪い、、、。
家はジメジメ、気持ちもブルーです。

台風よ。早くどっかにいってくれーーー
d0014975_7454029.gif

[PR]

by Orangenurse | 2008-08-21 07:46 | アメリカ生活

お留守番

今朝早く彼が台湾に帰りました。1ヶ月ちょい程の滞在ですが、家族とのんびり過ごしてくれればいいナーと思ってます。
私は学校も仕事もあるので残念ですが家で猫とお留守番です(泣)。私も台湾いって美味しいもの食べたかった、、、、うぅ、、。
仕事の方は最近マネージャーがたくさん人を雇ってくれたお陰で休みの日に呼ばれることが少なくなったのですが、今なら時間があるから行ってもいいのにナー、、、なんて思います。

最近はオリンピックをよく見ます。いろんな競技があることにびっくり。数分の演技のために4年の歳月をかけてみんな頑張ってきたんだなーと思うと本当に感心します。特に中国の完成度の高さには鳥肌も立つほど。私も頑張らなくては、、、。

夏セメが終わったので、ご褒美として好きな江国香織さんの小説をNYの紀伊国屋から取り寄せました。届いてとっても嬉しいのですが、なんだかもったいなくて読むに読めず。ちみちみ読ませていただきます。

来週から学校がまた始まるので気持ち入れ替えて頑張るぞ!!
[PR]

by Orangenurse | 2008-08-14 23:15 | アメリカ生活

やっぱり猫がすき

今週からPLTを使って週2日の勤務にしてます。PLTというのは日本でゆう有給休暇。学校の宿題が追いつきそうになく、週3日も働くのがちょっとしんどくなってきたので、ここは今までこつこつためてきた有給を消化すべく思い切って使ってみました。そして今週が始めての週2回勤務。気持ちが全然違う!!余裕ができたというか、気持ちにゆとりができてなんか嬉しい。でも油断せずにちゃんと勉強しなくちゃね。何しろ2つペーパーを出さなくてはいけない、、、。未だにライティングは苦手。グラマーは相変わらずよく注意を受ける。本当に言葉というのは難しい。
新居に移って1週間。収納がたくさんあって部屋が広い。家に帰るのが嬉しくなってきた。環境が変わるだけで気持ちもこんなに変わるとは、、。

今まで黙っていた事があるのですが、、、猫飼ってます 。
今年の3月くらいにシェルターからもらってきて、飼い始めました。日本にいたときも猫を飼っていたのですが、猫の自由奔放さというか、甘える時のしぐさとかが何とも言えず、、。
名前は「Kaitlin」メス2歳。彼女だけが家の中で唯一のアメリカン。
日本にいた時、飼ってた猫はしょっちゅう布団の中やひざの上に乗っかってきたので猫はみんなそういうものかと思いきや、ケイトリンはそれが嫌いのよう。でもいつも人の側にいて、一人が嫌い。それなりに距離を置いているようで、私としてはちょっと残念。ま、時間が経てばもう少し近くにくるはず。
わかってはいたけど、猫は良く寝る。私が勉強で必死な時、睡眠時間を泣く泣く削っている横ですやすやと眠る。その寝る姿が人間のようで思わず笑ってしまう。まるで「あなたの分も寝ておくからねー」と言っているかのよう。
やっぱり猫が好きだなー。犬派の彼も今は「猫も悪くない、、」と思ってきている様子。
この間猫を散歩している人を見た。ちょっと羨ましい、、、。うちの猫でもできるかな?

ケイトリンに癒されながら勉強に仕事に頑張っていきます。


d0014975_2324038.jpg
もらってきたばかりの頃。この後すぐに風邪を引いて病院に連れて行くことに、、、(痛)

d0014975_23244387.jpg
眠りに入ってしばらくするとこんなポーズに。思わず布団をかけたくなる。

d0014975_23253423.jpg座る時はたいていこのポーズ。ぺったりおなかをくっつけるのが気持ち良いようです。
[PR]

by Orangenurse | 2008-07-08 23:31 | アメリカ生活

まとめ

ブログを書く時間がめっきり減ってしまったのでまとめて書くことにします。
何度も言うようですが、学校が始まってからというもの私の生活はがらりと変わり、忙しい毎日を送ってます。充実しているように見えるかもしれませんが、実際は充実を味わっている余裕さえなく、正直焦りと不安の方がはるかに大きいです。というのも、各クラス、それぞれ毎日のように宿題があったり、テストがあったり、授業の予習も復習もままならないまま次の週が来て、新しい課題が出て、、ととにかく息つく暇がないのです。
ストレスがたまって彼にやつ当たる事が増えてしまい、本当に申し訳ない気持ちとそれでもコントロールがきかずついつい嫌味や不満をぶつけてしまうのです。なんか自分がどんどん醜くなっていく感じ、、、。
本を読む事や書くこと、理解する事、覚える事にとにかく時間がかかり、時間がかかっても思ったほどの成果が出なかったり、、、。情けないと思うことばかりで色々葛藤してます。
学校の授業も、周りの学生の方が良く知っているし、自分がRNと名乗るのが正直恥ずかしい。へこんでばかりの毎日。「マスターを勉強したい!」なんて大きな夢あったけど、今はとてもマスターなんて行ける余裕がありません。
でもしょうがないよね。免許持っているからって全部知っているわけじゃないし、、。知りたいからこうして学校に来ているわけだし。
とにかく最近の私はこんな調子です。
仕事でもちょっとした嫌な事やへこんだりすることもあるし、時々英語が更に出てこない事があったり、、、。気分によって波があるようです。

こんな調子のさなか、今日新しいアパートに引越ししました。前のアパートの契約が切れて、ちょうど良い機会だったので、、。前のアパートよりも広くて綺麗。値段はちょっと高くなったけど、クオリティーを得るならしょうがないもんね。
私は朝から夜まで仕事だったので、休みの彼がせっせと物を運んでくれて仕事が終わってから一緒に手伝いをして、学校の宿題を終えて、今一息ついたのでこうしてブロぐかいてます。
これまでに仕事や学校の事、将来の事などで思うことがあったんだけど、たくさんすぎて書く気になれず、、、、。
とにかく、前向きに頑張る事が今の私にとって大事な事かな?と思います。

また更新したいと思います。
[PR]

by Orangenurse | 2008-06-29 14:09 | アメリカ生活

夢の競演

久々に映画を見てきました。彼のリクエスト「The Forbidden Kingdom」。あのジャッキーチェンとジェット リーが競演している映画です。久々にジャッキーの酔拳を見て、小さい頃よくジャッキーの映画を見ていたことを思い出しました。それにしてもジャッキーはお酒の入ったひょうたんが良く似合う!!
ストーリーは単純ですが、アクションは見物。ジャッキーとジェットりーは撮影中もめたりしなかったんだろうかとか、どっちのカットやセリフが多いかとか考えてしまいました(笑)。

そうそう、この間102歳のおばあちゃんを受け持ちました。体重38kg、すごく小さくてかわいらしいおばあちゃん。でも、かなりの頑固者で点滴抜いたり薬を拒否したり、色々要求が多い。102才でも頭はかなりはっきりしていて呆けてもない。昔フランスに住んでいたこともあって、時々ボソボソっとフランス語を話したりして、なんとも憎めない患者さんでした。77歳の息子さんとその子供達(患者さんのお孫さん、30前後かな?)が1日中付き添っていました。こっちの人って家族が付き添うケースがかなり多い。日本では重症の患者さん以外は付き添いは遠慮してもらっていたのですが、こっちは関係なし。特に南米系や黒人の患者は家族の訪問が半端なく多い。文化的なものなのだろうか?家族の絆が強い。たまに部屋に10人以上いることもあってちょっと困る時もある。
患者の家族によっては1つ1つナースの行動をメモしていたり、薬の名前だとか何をしているのだとか細かく聞いてくる人もいてなんか変に緊張します。
入院が長い患者さんなんかはそれなりに知識も豊富で、私以上に知っていたりするので正直関わりづらい、、、、。
患者さんや家族のやりとりの方法も学んでいかないとなー。
[PR]

by Orangenurse | 2008-04-30 09:35 | アメリカ生活

もう、、、、。

前の日記が2007年、で、今はすでに1月の半ば、、、。はっきり言って怖い。こんな風に毎日があっという間に過ぎて、1年があっという間に過ぎていくのかと思うと本当に怖い。何が怖いって、時の速さの割には自分の成長がやたらに遅い事。「20を過ぎると転げ落ちるようにあっという間に年をとるよ」と20になった時に誰かに言われた気がするけど、その転げ落ちる速度は未だもって変わらず、、、。
年が明けて、仕事もひとり立ちを始めて何とかやってます。まだ緊張は取れないけれど、周りのスタッフに助けてもらいながら頑張っています。
仕事を始めてからというもの、収入がある安心感か、ちょっとお金の使い方が荒くなりはじめました。仕事も週に3日なので、2日や3日のまとまった休みもあり、外食や買い物、お茶する回数も増えてます、、、、。夏には学校に戻る予定だし、節約はこれからも必要なのに、、、、。反省反省。今年の目標に「節約、貯金」を追加しておこう。
アメリカに来て4年が経とうとしていますが、未だに言葉の壁は大きい。英語を知れば知るほどわからなくなって来る。時々話すのが嫌になったり、怖くなったり、、、でももっと話したい!!!って思いもある。
先週2回目のTOEFL IBTを受けてきました。初めて受けたのは去年の10月。気づけば3ヶ月も過ぎているのに勉強を全然しなかった。試験を受ける前からもう結果が分かるくらい自信も無くて、嫌々受けました。試験中私の周りにいる人のスピーキングをかすかに聞きながら、自分の英語に情けなさと嫌気がさしてもういいや、、、、、。って投げやりになってテストを受けました。
勉強してないから結果が悪いのは当たり前。
病院で英語を話すようになったから、少しは上達してるかと思ったけど、TOEFLの会話と病院での会話は全く別物。
このままではいつ受かるのかも分からない、、、。遊びモードから現実モードに切り替えて勉強しなおそう。NCLEXを勉強していた時のように必死に取り組もう!!!!
気持ちばかりが前向きで、行動が伴わない私、、、。目を覚ませ!自分!!
写真は去年の12月と今月の物をUpしてます。
d0014975_233533.jpg近くにある唯一日本人が経営している日本のレストラン。スタッフも日本人で日本にいるような感覚でした。久々の牛丼$11(味噌汁サラダ付き)。高いけど、味は日本の味でした。ただ残念だったのは「紅しょうが」が無かった事。仕方なく友達が頼んだおすしのガリで代用。紅しょうが無しの牛丼はなんだか心細いです。

d0014975_2382979.jpg今月の初め、珍しく寒かったのでガスコンロも買ったことだし、薄切り肉も手に入ったのでお鍋にしました。やっぱり冬は鍋に限ります!!

d0014975_2311595.jpg日本でも有名になった「Krisy Kreme」のドーナッツ。これは去年のクリスマスバージョン。クリスマス勤務の日。誰かが差し入れてくれたようです。可愛いので撮って見ました。

d0014975_2314371.jpg最近はKrispy Kremeよりもダンキンドーナッツにはまり中。コーヒーも美味しいです。

d0014975_23183364.jpg初ゴルフコースin Florida。オハイオにいた時打ちっぱなしのゴルフに行った事はあるのですが、コースを周るのは初めて。フロリダはアメリカでもっともゴルフコースの多い州なんですよ。日本で「ゴルフ」と聞くと「高い」ってイメージがありますが、こっちでは割とリーゾナブルです。パーだとかボギーだとかやっと意味が分かりました(笑)。見ると簡単そうですが、やってみると結構難しい、、、。
こんな感じで毎日うだうだしてます。これからは気も身も引き締めて勉強にはげみます!!!!
今年1年もどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

by Orangenurse | 2008-01-14 23:32 | アメリカ生活

えぇーーーーっ!?

ご無沙汰です。気づけば明日が今年最後の日です。日本ではもう大晦日なんですねーー。紅白見たいなぁ。
今日は「仕事収め」。っていってもなんだか雰囲気がでません、、、、。やっぱり冬は日本で過ごしたいものです。

仕事を始めてからはや4ヶ月。毎日が本当にあっという間で、未だに緊張しながら働いてます。
まだまだ英語の壁は大きく、自分だけやたら浮いているような、、、。あぁーーくやしい。ついつい日本人特有の腰の低さがでてしまう。もっと自信を持たなくちゃいけないんだけど、、、今は無理な話です。
今年は就職という念願の夢をかなえる事ができて嬉しいとともに、次のステップへの準備も進めていかなくちゃ、、。グリーンカードの準備(問題はTOEFLだけなんだけど、、)と大学での勉強。
仕事も学校も始まったらもっと忙しくなるし、両立できるかどうか、、、。

まだまだ乗り越えなくちゃいけない壁はたくさんあるけれど、家族や友達に支えられながら一生懸命頑張っていこうと思います。
この場を借りて私を支えてくれている家族や友達、先輩後輩、先生方にお礼を言いたいと思います。
いつも支えてくれてありがとうございます。
みなさん、良いお年を。
[PR]

by Orangenurse | 2007-12-31 12:56 | アメリカ生活