カテゴリ:アメリカ生活( 155 )

いい天気

日曜日はいい天気だったので、近くのビーチでバーベキューをしました。こっちの公園にはバーベキュー用のグリルがあって、材料と炭さえあればいつでもできます。
d0014975_21342359.jpg

d0014975_2125424.jpg


一杯食べた後、ビーチで横になって波の音をきいたり、フリスビーをしたりしてのんびり過ごしました。
夜には「Ironman2」を見に行って一日たっぷり遊びました。
いつもながら、映画は最初のがおもしろいですね。
「シュレック」、「Sex and the city2」もこれから来るのでとっても楽しみです。
[PR]

by orangenurse | 2010-05-10 21:35 | アメリカ生活

人生いろいろ

仕事を去る日が着々と近づいています。こっちの病院で働き始めて早3年。何とかいろんな手を使って働けるようにここまで粘ってきましたが、法律には勝てません。OPTが来月初めに切れてしまうので、働けなくなります。病院にもすでに辞表を出しました。スタッフも、7-8人くらいしかそのことを知らないのですが、いちいちビザの事を説明するのが正直面倒です。一斉にみんなを集めて説明できたらどんなに楽か、、。でも、みんな寂しがってくれているのでとてもありがたいです。

昨日は仕事帰りにみんなで飲みに行ったのですが、仕事中には話せない色々な爆弾話が聞けるのでちょっと嬉しかったりもします。仕事場ではみんな活き活き働いていますが、それぞれ家ではいろんな問題を抱えていて衝撃が大きかった。いつも仲良くさせてもらっているチャージナースは今は旦那さんと別居中で、子供も高校留年やアル中の問題を抱えていたりして、かなり波乱です。他にもよく一緒に仕事するナースHは旦那さんと別居中で、しかも子供をだんなさんに取られて、週何日かだけしか子供に会えなかったり。私は私でグリーンカードが取れず、学校も決まらず、立ち往生中だし。
みんなそれぞれ悩みや問題を抱えながら生きているんだなーって実感させられました。

昨日受け持った患者は53歳のアル中で極度の貧血で来たんだけど(どこから出血していたのかは不明。)輸血した次の日にはピンピンして、元気になったとたん「家に帰りたい!!」って大騒ぎ。医者もあきれて「どうせ家に帰ってまた酒飲むんだろう、、、」って。面白いことに、その患者はタバコはやめられたのに、酒はやめられない。旦那さんは酒はほとんど飲まないのに、タバコがやめられない。そういう心理ってどうなんでしょう??

結局その患者はAMA(Against Medical Advice)という書類にサインして自主退院。こういう場合はすべての入院費を患者が負担しなければいけません。もともと保険を持っていないので関係ないのかもしれないけど。日本にはAMAという制度がないので(ないよね?)何としてでも患者を引きとめようとします。引き止められなかったら医療者側に責任が問われると思うのですが、こっちでは「患者が帰りたければ帰ればいいじゃん。関係ないよ」って感じ。二言目には「America is Free country」という。
FreeはFreeだけど、なんか意味を履き違えているような気がする。その患者を支える家族の負担は?患者だけの意思を尊重してばかりで周りを考えない。医療者はそれなりのリスクとできる限りのアドバイスをして病気を治すよう病院にいるように説得すべきじゃないのかな??言った所で聞かない方がほとんどだけど。

そんなことを色々感じながら働いてます。

d0014975_4452439.jpg

人が悩んでいる横でぐっすり睡眠中。でっかくなりました。
d0014975_447477.jpg

起きてると思えばこんなすまし顔。手なんて組んじゃって。のんきなものです。
[PR]

by orangenurse | 2010-04-27 04:49 | アメリカ生活

日帰り旅行

今週は土日が休みだったので、久々に遠出をしました。トルコのお友達が馬を飼っているので、その馬を見に車で2時間ほどドライブ。
フロリダは牛とか馬とか道路わきにちらちら見ることがあるのだけど、近くで見るのは久しぶり。
首の手術をして人を乗せることはできないんだけど、紐をつけてお散歩に連れてきました。馬はとてもおとなしくて、いい子でしたよ。やっぱり馬は人参が好きで、バクバク食べてました。
d0014975_083411.jpg
しばらく馬と遊んでから、次はさらに車で1時間半ほど走った所「Clear Water」というリゾートに行ってビーチをブラブラ。ボートでイルカが見れるというツアーに参加し1時間ほどイルカ探しに熱中。
かなりの近距離で見れて大興奮!!
d0014975_6522035.jpg
イルカが海から出てくるのは本当に一瞬なので、写真を撮るのもやっと。もっと近くに来たのですが、興奮しすぎて写真を撮るどころではなかった、、、。
d0014975_6564443.jpg
夕焼けがとってもきれいでした。
d0014975_659953.jpg
夕飯はビーチの目の前にあるレストランで。マヒマヒという魚のサンドイッチを食べました。マヒマヒはこっちで結構食べている白身魚で、魚臭さが無く、身がしっかりしているので大好きです。

夕飯を食べて、家に着いたのが夜中の1時、、、。かなり疲れました。
久々にたっぷり遊べて楽しかったー。12時間遊ぶのと、12時間働くのって時間の速さが全く違うのはなぜだろう?なんで楽しいときはいつもあっという間に終わっちゃうんだろうね、、。

また遊びに行きたいです!!
[PR]

by orangenurse | 2010-04-19 06:47 | アメリカ生活

Happy Birthday !!

今日はうちの猫ちゃんの推定3歳のお誕生日です。推定1歳から飼い始めたので、一緒に住んで2年。来た頃はガリガリで風邪も引いて大変だったけど、今は良く食べ寝て、逆に太りすぎてきました。

「一緒に寝る」夢はまだ叶ってないけれど、ちょっとづつ距離がちじまってきました。家の中ならどこ行くにもついてくるし、時々甘えてくるし(このツンデレな所に弱いのよねぇー。)

そして最近になってまた変化が。勉強をしていたらピョンと椅子に飛び乗って、私の後ろで寝てるじゃないの。

d0014975_21152514.jpg

ちょっとぶれちゃったけど、かなりのスクープです。

この調子で来年には私の膝の上で眠り、そして再来年には一緒に布団に入って眠ってくれるかも!?

猫のおかげで癒されております。

もう1匹ほしいなぁー、、、なんて最近思う、、、無理だけど。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-19 21:22 | アメリカ生活

疲れた、、、

先週の金、土、日と連勤で月は休みで火、水とまた連勤でかなりハードなスケジュールでした。今は休みの日と勤務後はGREのテスト勉強に当てているので、寝不足と不安な毎日が続いてます。

おととい、昨日と103歳のおばあちゃんを受け持ちました。軽い脳梗塞で来たのですが、足もしっかりしてるし、記憶もちゃんとしていて自分の歯もあるし、感心するばかり。心臓もしっかりしていてきれいなSinus Rhythm. とても100年以上動いている心臓とは思えません。

そのおばあちゃんは問題ないのですが、問題なのはその娘。一言一言が嫌味っぽくて、カチンと来る。昨日も「あなたの英語はアクセントがあるから電話じゃ何言っているか全然分からなくてぇーー」なんて。言葉に関して言われてしまうと何も言えません、、、。一番きついです。私は人を助けたくて、お世話がしたくて、一生懸命がんばっているのに言葉の壁のために限りがあると思うと悔しくてたまりません。
前にも電話で患者の家族と話したとき「あなたの言っていることが良く分からないから、他のナースに代わってくれる?」って。家族はちゃんと患者の情報が欲しいのでもっともなのですが、やりきれなさを感じる上に、まわりのナースに手伝ってもらわなくちゃいけないので、ますます自信を無くすわけです。

こういうことは外国にいる限りずっと続くことなので、ある程度覚悟しておかないと。

気持ちをリセットしてまたがんばります。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-18 21:40 | アメリカ生活

撃沈

この間GREを受けに行って結果は惨敗、、。やる前からこうなると分かってはいたけれど、ひょっとしたら、、っていうわずかな期待と奇跡を待っていた。やっぱり勉強不足が問題。単語が難し過ぎてもうあきらめ入っていたからなぁー、、、。
落ちると分かっていても、実際落ちるとへこむわけで、、、。なんなら受けなきゃ良かったとも思ったりするけれど、受けなかったら自分のダメさに気づかないのでいい経験だと思って前に進むようにします。

また来月受けるけど、これがラストチャンスだと思ってがんばります。TOEFLもIELTSも何だかんだ言いながらも結局パスしてるんだから、今回だって大丈夫!!気合だ!!

土日はお仕事でそんなに忙しくなく終わりました。いつも今日みたいに穏やかにすぎればいいのに、、。
肩の手術を受けた患者をもったのだけど、手術をした先生が術後まったく患者を見に来ない。
整形の先生は術後その日に退院までのすべてのオーダーを出すようになっている。痛み止めから消毒の指示まで。ドレーンの抜去も指示にあったりして「抜いちゃっていいの??」ってドキドキする。
よほどの変化がない限り先生に電話する事がないようになっているのだけど、いいのかなそれで、、って思う。はっきり言って無責任。手術した患者が気にならないのかな??そんなに自信あるのかな??
患者はてっきり先生が来ると思って待っているのだけど、来ないから怒りのはけ口がナースである私達になって、どういって良いのか分からない。
今日はその先生のポケベルを鳴らしてみたけど、案の定連絡なし。

こっちで働いてみて思うのは日本人の医者の方がよっぽど知識があるし、患者を気にかけている。
最近、アメリカの医療が本当にいいものなのか不信感が出てきました。いいと思っていたのは錯覚かも、、、。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-01 12:05 | アメリカ生活

怖いね。

病院で働いているといろんな患者に出会う。最近は患者の顔を見て「アー、薬やってるなー」とか、「タバコとか酒におぼれて生活が荒れてるなー」っていうのが分かるようになった。
分かるも何も、そういうのは顔に出るんだって事を実感しました。

先週、DKA(血糖値が高くてこん睡状態になること)で来た56歳の女性の患者さんがを持ったのですが、その人はアル中の既往歴があって15年前にお酒を断ったにもかかわらずもう肝臓はボロボロ。何よりも驚いたのがその人の顔。80歳かと思うくらいの老け顔で見舞いに来たお母さんの方(73歳)が断然若く見えるくらい。血中のアンモニアも上がっていたので不穏になって失禁、点滴抜去してばかり。もう手がかかって仕方なかった、、。

おとといは46歳のDrug overdose(麻薬中毒)で来た女性。自分で注射を打っていたのですが汚、い注射針を使いまわししていたので血液に菌が入ってしまいました。腕には注射のあとが一杯で、皮膚もボロボロ。顔もげっそりやつれてお化けのよう。
抗生剤の点滴が必要なのですが、薬を打ちすぎて使える血管がほとんどなし。患者は「点滴ヤダ!注射ヤダ!医者呼べー!!」と叫ぶし悪態つくし手に負えず、、、。すぐに言われたことをやらないと「うそつき!!」って怒鳴り散らすし、朝からそんなんで私のやる気も思いっきり下がったわけです。

やっとの事で点滴が入ったら今度は「外に行っていい空気が吸いたいんだけど、いい??」って。その点滴使ってまたヤクをやるってことがバレバレ。

この間は別の患者が部屋でもらった痛み止めを粉にしてあぶろうとしてたところをナースに見つかった事もありました。うちの病院は全個室なのでそれを利用してこそこそ怪しいことをする患者もいるんです、、、。考えらへない。

麻薬の常習犯は本当にたちが悪いです。麻薬系の痛み止めをもらうために平気でうそもつくし裏切るし。
こんな人たちがベッドを占領していると思うと許せない。悲しくなります。

タバコや酒、薬におぼれている人たちはみんな同じ顔をしてます。眉間にしわがよって、顔は老けていつも不安な顔をしている。
そういう人たちには計り知れない苦労やつらいことがあるのかもしれませんが、そういうものに頼りすぎちゃだめですね。

怖いねお酒もタバコもドラッグも。
[PR]

by orangenurse | 2010-02-26 00:58 | アメリカ生活

怒る側と怒られる側

ご無沙汰しています。なかなかブログを書く気になれず気づけば2月になってました。今は大学院の申し込みとGREの勉強とでストレスな毎日を過ごしてます。GREはアメリカの大学院に入るために必要な試験で数学と英語の試験です。大学によって必要な点数があるのですが、大体1000点くらいが最低点といわれてます。
英語の試験はアメリカ人さえ使わない単語がバンバンでてくるので、とにかく覚えるのが凄く難しい。数学は高校生レベルなのですが、日本にいたときから得意な方ではないので、これはこれで難点です。

勉強しなきゃいけないのになんだかやる気が起こらなかったりしてうだうだ過ごした自分を責めててしまったり、ネガティブに過ごしていたときもありました。でもそれでもやらなきゃいけないのが現実です。
5月に労働許可証(OPT)が切れるので、もしこれでどこの大学院にも入れず、グリーンカードの申請もできなければ6-7月には日本に帰らなければいけません。なので必死に勉強しなくちゃいけないんだけど、、、。

アメリカの大学院に申し込む際、日本みたいな入学試験はないのですが、GREのスコア、大学の成績表と2-3人からの推薦状、エッセイ、バックグラウンドチェックなどを送る必要があります。

先週大学からの成績表を申し込んだのですが、手違いがあってかなり頭にきました。こっちはお金を払っているのに仕事をちゃんとしない、本当に許せません。昨日はその怒りで学校に怒鳴り込もうと思いましたが、遠いのでばかばかしいと思いとりあえず電話。でも誰も出ないでそれでまたさらに怒り爆発。
年を取ったせいか、カルシウムが足りないせいかイライラしやすい最近の私。

とりあえず、今さっき電話して新しいのを送ってくれることに。これで一件落着。

で、この間働いていたときに担当の患者の家族がうるさい人たちで、参った。「リハビリの人が来ない!!!」とずっと文句を言い続けて、しまいには担当のドクターに電話して文句をいようとしたり、リハビリに直接電話して文句を言ったり、チャージナースに文句を言ったり、とにかくうるさい。他の患者もいるのに「自分の家族を優先して!!」っていう主張が強い。ナースって苦情係もしなくちゃいけないのか、、、と思ったらすごく悲しくなったよ。何なのナースの仕事って、、、?リスペクトされないで責任ばっかり多くて、でもやることがやたら多い。

で、今回は怒る側になってみて思ったことは怒っているときは相手の事なんてどうでもいい。とにかくこの怒りを納めるには言いたいこと言わないと気がすまない。特に女性はカッとなると手に負えませんね。
実際、私は学校に電話して怒ったわけではなく、怒る側と怒られる側の心理を色々考えさせられました。

フロリダは最近また寒くなってます。ワシントンやペンシルベニアの方は大雪で飛行機が飛ばなかったり、電気が止まったり大変らしいです。早く暖かくならないかなー

またUpしていきたいと思います。
[PR]

by orangenurse | 2010-02-13 01:35 | アメリカ生活

寒かった2週間

年末明けてからフロリダは異例の寒さが続いてました。0度位になることも!?それでも雪が降ることはありませんでしたが、、、。朝は仕事に行くとき車の窓に氷が張ってたり、車の暖房をつけてみたり、色々冬らしい事をしてみました。寒がりなので、家の中では思いっきり着込んで靴下とか2枚履いてみたり、、、。それでも寒くて家の中でさえも身動きとれず、、、。

寒さの影響で育てている花はほぼ全滅。フロリダの名産であるオレンジも寒さの影響で凍ちゃって例年よりとれないらしい。

先週はほとんどお鍋を食べました。楽チンであったまるし、おいしいし。やっぱり冬は鍋だよねぇー。

昨日から少しずつ暖かくなってきて動けるようになりました。なのでこうしてブログも更新しています。

新年早々ハイチの大震災。どうしてこう貧しい国にさらなる災難が降りかかるのか、、、。うちの病院にもハイチから来ている人がいて、家族と連絡がとれていないそうです。無事だといいのですが、、。

これ以上悪いことがおきないよう祈るばかりです。
[PR]

by orangenurse | 2010-01-15 22:59 | アメリカ生活

時間があるので

写真でもアップしていきたいとおもいます。

歯の方はまだ腫れてますが、徐々に良くはなってます。でも食べたいものが食べられないのはつらいですね、、、。右の歯を使いすぎて歯茎をちょっと痛め、薬の飲みすぎのせいか胃がちょっと痛くて、、、。昨日はベッドの端っこモモをぶつけて、、、。痛い事づくしで参ってます。

今日は1日中ほとんどベッドで過ごしました。寝すぎて頭が痛い、、、。反省。

歯は痛くとも土日は近所に買い物に行って来ました。前々から欲しかったコーヒーメーカーが割り引いていたので(それでも値段はしましたが、、。)思い切って買ったのと、包丁とフライパンがが古くなったので新調しました。
d0014975_791359.jpg


d0014975_710445.jpg
そして衝動買いをしてしまったクリスマスツリーのオーナメント。うちにツリーはないけれどどこにでも飾れるし。こういうこまごました飾りについつい引かれちゃうんですよね。

d0014975_7134641.jpg
暇ついでに猫にもいたずら。引きつってます。

d0014975_7143663.jpg
彼も風邪でダウンしてしまったし、私は固いものが食べられないので以前台湾から彼が持ってきた「冬虫夏草」のスープのもとを使ってスープ作ってみました。体がぽかぽかあったまっていい感じでしたよ。

こんな感じで休日を過ごしてます。明後日までには腫れが引いてくれないと、仕事がやりずらい、、。
[PR]

by orangenurse | 2009-11-24 07:32 | アメリカ生活