カテゴリ:ナース生活( 40 )

気が休まない。

ここの所休みの日に病院から電話があって「人手が足りないから働いてくれる??」っていう電話が多い。
普通は朝の5時頃電話がかかってくるんだけど、今日はお昼ごろになって電話が来た。今日は特に予定無かったし、6時間くらいなら働いてもいいか、、、ってな訳で病院に行った。
行ってみると思ったよりも忙しくなさそう。とは言ってもチャージナースが患者持っているくらいなんだからそれなりに大変なんだろう、、、。普段チャージナースはスタッフナースが忙しくてこれ以上患者を持てないって時にヘルプにでる。
とりあえずチャージナースが受け持っていた患者を私が担当する事に、そして2人の入院を取った。
たった半日だったけど、それなりに忙しかった、、、。チャージナースはなんだか暇そう。かといって私に「大丈夫?」の声をかける事も無く、仕事の最後に「来てくれてありがとう」の一言も無く誰よりも先に帰った。変わりに他のスタッフが「来てくれてありがとう。助かったわ」と。
何かふに落ちない、上手いように利用された気分。別に来なくても何とかなっていたんじゃないかなーーー??とさえ思えてくる。
まあ半日だけだったし、その分お金も入るから文句は言えないけど、今日のチャージナースの態度にはモラル的に許せない部分がちょっとあった。
明日も働いて欲しいと言われたけど断っておいた。また上手いように利用される気がして、、、。
でも多分明日の朝電話がかかってくるだろう。
ってな感じで最近は休みでも朝早く電話がかかってくるので夜はぐっすり眠れないし、「呼ばれたらどうしよう、、」っおもうと気が休まないのです。

話し変わって今日はツベルクリン検査と破傷風の注射を打った。RN-BSNプログラムに入るため、予防接種の記録と健康診断書の提出が義務付けられている。アメリカの学校ってとにかく入学手続きがすごいややっこしい。特にこのプログラムの手続きははまさにPain in the Neck。警察署での指紋採取、オンラインで自分のバックグラウンド調査、医師による健康診断書、その他もろもろめんどくさい事がたくさんあるのです。
でもこれを終えないとプログラムに入れないのでやるしかないのです。

最近の私の日記はなんだか暗い。友達からも「大丈夫??」メールが来た。ただ愚痴をこぼしていただけのつもりが逆に心配させちゃって申し訳ない。自分でも日記を読み返してみると大丈夫か自分??と思ってくる。
もっと前向きな明るい話題を載せられるよう心がけよう。
[PR]

by Orangenurse | 2008-02-21 12:45 | ナース生活

悔しいさとやりきれなさと、、、

こっちで看護師として働き始めてからというもの、仕事のたびに緊張と不安と鬱な気持ちが続いている。働く前は免許とって、一日でも早く働きたい!看護を学びたい!!って希望に満ちていたはずなのに、いざ仕事が始まると「あー、、、行きたくないな、、。」なんてすっごいネガティブになっている自分がいる。調子がいいというか、なんというか、、、。
昨日は7人患者が付いていて、うち4人はかなり手のかかる患者。そのうちの1人はICUに行った方がいいんじゃないかと思うくらい重症に見えて、正直患者さんに近づくのがこわかった。
金曜日は普段以上に忙しいので、他のナースも7人患者を受け持ちバタバタしてた。退院がでるとすぐに入院の連絡が入る。頭がパンクしそうな時に電話が鳴って、「入院取って欲しいんだけど」と言われた。とてもじゃないけど今は無理。他の患者さんの看護ができないし、ミスをしかねない。こういうときは勇気を出してNOと言うべきだ、と勇気を振り絞って「I'm over whelmed(一杯一杯です、、、)」と言ってみたら「Everyone is over whelmed!!」って帰ってきた。ううっ、、、、。でもラッキーな事に入院が遅く来るという事で、とりあえず今やっている仕事に集中できそうだ。
記録もそこそこやりながら自分に「頑張れ、負けるな!!」と言い聞かせるが、なかなか追いつかない。
夜勤さんとの交代時間間際に患者の点滴が漏れた。どう見ても私には刺せないし、トライする時間もない。IVナースを呼んでお願いしたら「自分で刺して見た?」って聞かれたので「刺してないけど難しい血管なのは明らかです、だからお願いします」って答えた。そしたら「刺してもないのにどうやって難しいか分かるの??」ってちょっと嫌味っぽく言われた。なんだかカッチーン!!!!
その人には午前中にPicc Line用のメジャーを送ってくれるようにお願いをしたのに結局やってくれなくて、会った時にも確認のために同じ事をお願いしたら「これから点滴始めるから今はできない」って言われた。結局送ってくれず。たった紙のメジャーなのに。ちょっと冷たいよ。

入院も遅く来たのはいいけれど夜勤と交代1時間前くらいに来てもうお手上げ。
夜勤の申し送り中に重症に見える患者のカリウム値が低い事に気づく。2.62という基準値(3.6-5.4)をはるかに下回った値で、こういう場合はすぐにDrに連絡してオーダーをもらうようになっている。特にカリウムは心臓に深く関係するので心筋梗塞や心不全を招きかねない。
毎朝患者の検査結果はチェックしているはずなのに、、。そんな低い値を見逃すはずがないのに、、採血時間と検査結果を送られた時間を見たら午後の3時ごろ。とてもじゃないけど検査結果をチェックする暇はなかった。忙しさを言い訳にしたくないけど、よりによってこんな時に大事なデーターを見逃してしまったなんて、、、。患者さん、大丈夫だろうか??私のせいで悪くなっていないだろうか、、、と不安がよぎる。
幸い、夜に別の医師が来てカリウムの値に気づいてくれたのでオーダーが出ているはず、、。
今回もかなり時間外の勤務になってしまった。トイレ休憩、昼休憩も行かず働いた上に仕事は遅い、患者のデータは見逃す、英語はうまく話せない、、、、。だめだめな自分にため息が出るけど、しょうがない。今回の事で色々学んだ。こうやって一つづつ何かを学びながら成長していくんだろうな、、。のろまなカメだけど、今の自分を受け止めて頑張るのみ。
仕事が楽しいと思える日はいつだろうか、、、??
[PR]

by Orangenurse | 2008-02-09 23:11 | ナース生活

またまた色々考える。

昨日の勤務は前半は好調だったが、夕方近くになるにつれてかなり厳しかった。というのも、夕方の5時くらいに入院一人をとった。明朝7時に他の病院に転院するとの事。コンピューター入力が終わったと思えば今度は他の入院を取るように言われ、1人目の入院の書類整理(オーダー確認や予薬表のチェックなど)が終わらないまま2人目の入院のコンピューター入力。2人目はDirect Addmissionと言われ、ERを通らないまま直接病棟に来るため、点的確保、情報収集など一から始めないといけないので、ERを通る入院よりも倍くらいに時間がかかる。
チャージナースは、「全部できなくてもいいから、できるところまでやって後は夜勤ナースにまわして。」と一言。
2人目の情報収集中に、受け持ち患者の一人が心臓カテーテル検査から帰ってきた。心カテ後は足のチェックやバイタル15分おきやら、オーダーが変わったり色々やることがある。
とにかく2人目の情報収集を優先して、点滴刺して気づいたら7時が過ぎていた。7時からは夜勤への申し送り。
チャージナースから「1人目の入院患者が今夜転院する事にしたから、転院の書類はまとめておくから。」と言われ、もう何から手をつけていいのか分からなくなった。
一番迷惑をこうむるのは夜勤。私の中途半端な仕事を全て請けなければいけないから。
転院する患者の申し送りをしている最中に転院先の病院から「申し送りお願いします」と電話が来て、私も夜勤看護婦もパニック。
転院先への申し送りは後回しにして、とりあえず他の患者の申し送りを終える。申し送り最中に、一人の患者がフォーレ(尿カテーテル)を抜いた後、おしっこが出てない事に気づいた。
8時間経っている、、、、。おしっこが出ない場合は医師に連絡してカテーテルを再挿入しなければいけない。医師に連絡は未だに嫌だ。
夜勤さんもどっと疲れた顔を見せ、もう申し訳ない気持ちで一杯だった。
こっちのナースは、時間が経ったら後は夜勤の仕事と割り切って、さっさと退散。夜勤に文句を言われようが知ったこっちゃない。
私はそれは無責任だと思い、何か手伝える事はないかと勤務時間終了後も少し手伝った(でもあんまり役に立っていなかったと思う、、、)。
なんとも後味の悪い仕事の終わり方。家に帰っても何か忘れてないか、夜勤さんは困っていないかなど色々考えてあんまり眠れず。
中途半端に仕事を終わらせたくないけど、これからもこういった状況に当たるだろう、、、そんな時どこまで仕事を残していいものか悩む。
「自分が請けた仕事は最後まで責任をもってやる」っていうのが日本人の常識と言うか、性格のような感じがするけれど、こっちではちょっと違う。自分の中で色んな葛藤があって、慣れない環境に悩む、、、。
やっぱり要領って大事だよ。要領よくテキパキ仕事をこなしたい。まだ仕事に慣れない自分にとっては難しい事だけど、Tryしていこうと思う。

話し変わって、この間TOEFLの結果が届いた。前回より最悪だと思ってたのでなんの期待もしていなかったが、なんと前回よりもずい分上回っていた。というか、全体スコアはCGFNSの基準を満たしていた、、、けど、スピーキングが足りず。
リーディングがかなり勘で応えていたはずなのに、、、、、。ラッキーだったのかな??
また受けなくちゃいけないんだけど、今回の点数のお陰で気持ちが前向きになれたので良かった。次は絶対パスだ!!!Speak!Speak!Speak!!
[PR]

by Orangenurse | 2008-02-02 22:34 | ナース生活

喜びもつかのま、、、

月曜日。朝6時35分電話がなった、、、。なんか嫌な予感、多分病院からだ。でも今日は休みだし、、、、もしかして勤務を間違えて今日は行かなくちゃいけない日だったのか?!だったらやばいぞ!でも今はまだ6時35分。遅刻でもない。 なんて考えが頭を一気に駆け巡って電話を取った。
「病院ですが、今日働いてもらえるかしら、、、、??絶対って訳ではないけれど、働いてくれるとありがたいわ、、。」
日曜も働いて、火曜日も働くことになっている。月曜も働いたら3連勤。ちょっと迷った。今は患者も手のかかる人が多いし、できれば休みたい、、というのが本音。
でも先週はオンコールで結局休みをもらったわけだし、その埋め合わせとして働くか、、、、お金も入るわけだし、、、。
ってな訳で日月火と働いてました。連日勤務の良い点は患者の状態が把握しやすいこと。悪い点は手のかかる患者さんにあったった時に気が重い事。
昨日は手のかかる患者に振り回され、入院を取ったりして案の定昼ごはんも休憩も取れず、、。要領が悪い自分に腹が立つ。

そんな感じで今週は疲れた。でも今日から3連休!!!
ゆっくり休んで気を取り直し、また頑張って働くか。
[PR]

by Orangenurse | 2008-01-23 23:26 | ナース生活

どっちが大事か、、、。

この間のOn Callの日は結局呼ばれずに済みました。お陰で2日間の休み。昨日が休み明けの勤務だったのですが、患者が6人つけられていてどれもなんだか手のかかる人ばかり。まだ1人立ちして間もないので、5人しか患者を持てないことになっているはずなのに、、、でも他のナースの患者数を見るととてもそんな事は言えない、、ここは頑張って働いてみるか。
プリセプターによく「あなたは看護師としての仕事をしなさい。記録、与薬、オーダー受け、医療処置に集中して」と言われた。
今回受け持った患者はどれもオムツ付けて1人ではトイレにいけなかったり、食べられなかったり、日常生活援助が必要なひとばかり。そういった援助はこの病院では看護助手の仕事なんだけど、その助手の人数も少なくて(30人の患者に対し2人だけ)助手さんも手一杯の状態。
患者さんの多くは下痢が続いていて(C.diffというお腹の感染症)おむつ交換も頻繁に必要。いざ記録を書こうとするとナースコールがなったり、患者の家族が「患者の歩行練習をしたいのですが、、、」などタイミングが悪かった。患者の要求に応えようと記録や休憩なんかを後回しにして手伝っていたら結局記録も夜勤が来るまで終わらず(正確には夜勤に申し送りをしてから記録を始めた、、、。)、食事も休憩もとれずぶっ続けで働いた訳です。
思い出してみると助手さんは昼休憩もお茶休憩も行ってた。患者の部屋に行くと清拭もシーツ交換もおむつ交換もできてなくて部屋の中がなんか汚い、、、。家族が付いている患者の部屋もそんな感じで、家族はもちろん文句たらたら。だったら私がやるしかないじゃない、、、。他の人はそれぞれに上手に手を抜いているような気がする。そして自分の仕事に専念する。
ここの病棟はナースコールの反応が遅い。忙しいのもあるけれど、自分の患者じゃなければコールがなっても行かない。点滴のポンプがなっても自分の患者じゃなければ無視。いつもそうではないけれど、大体そう。
私はそれがどうしてもできない。ナースコールがなったらすぐに行こうと思うし、自分の患者じゃなくてもとりあえず見に行って担当のナースに知らせたりする。
だから仕事量が多くなって結局自分の仕事ができない、、、。できないだけじゃなく、必要な看護処置だったり、検査結果のチェックなど大事なことが抜けてしまう。記録もおろそかになって、必要な事を書き忘れたりして、、、、、。患者さんにもよく「他の看護師さんはそんな事(おむつ交換や食事介助など)しないのに、、どうもすみません。」と恐縮されたり驚かれる。

こっちでは看護師という免許を持っている分、医療者としての知識と責任をもって「医療行為」に専念すべきなんだろうけど、未だにその医療行為のラインが分からない。日本では日常生活援助も全て患者を知るための、看護の一環として看護師がやってきたけれど、こっちでは違う。
もっと看護師としての専門職の意識を高めて働かないといけないのかなーって思う。
両方が上手に両立できたらいいのに、、、。
他のナースの働き振りを観察しながらどうやってそれぞれの仕事に専念しているのか勉強していきたいと思います。
昨日は反省点がたくさんあった、、、、。次がんばろ!!
[PR]

by orangenurse | 2008-01-20 00:04 | ナース生活

初On Call

勤務予定だった今日の朝5時。病院から電話があって「今日はOn callお願いします」と言われた。その名の通り、自宅又は病院周辺待機で、いざ人手が必要になったら働かなくてはいけない。On callなんてオペ室くらいかと思っていたらこっちは病棟でもあるのねぇーー。
電話を終えた後、朝寝坊ができると思ったら嬉しくてなかなか眠れなかった、、、、。結局8時半には起きてこうして日記を書いてます。
昨日も患者さん結構帰ったし、呼ばれる確立は低いと思うけど油断禁物。呼ばれないといいナーーー。
昨日の勤務は5人受け持ったけど、3人一気に退院して1人入院とって、ちょっとバタバタしてた。人数少なくても一気に事が重なるとどこから手につけていいかわからなくなる。
仕事を終えた後、やり忘れたことや送り忘れたことが無いか不安になってあんまり眠れなかった、、、、。もうちょっと要領よく丁寧な仕事をしたいものです。

てな感じで今日は家でおとなしく電話を待ちます。
[PR]

by Orangenurse | 2008-01-16 23:13 | ナース生活

色々考える。

やっぱり3日連続の勤務は疲れるなー、、、。特にWeekdayは、、、。恥ずかしながらまだオリエンテーション中です。でもほとんどひとり立ちの状態で働いてるのでもうオリエンテーションもいいかな、、、いや、もう終わらせなければ、、、。
この3日間非常に濃い勤務でした。担当患者の1人に麻薬常用者の女性(47歳)がいて、精神的にも病んでいて患者を見に行くたびに笑ってたり泣いてたり、とにかく気分のムラが激しいのです。彼女の家族背景や病歴など見るととても複雑で薬に頼る気も分からなくない、、、、。
2日目の勤務、申し送りが終わったあとその患者が意識が無いと他のスタッフから言われて急いでRapid Responseを(急変時に対応するナースチーム)要請。私はもう訳が分からなくてただRapid Response Teamに指示されるまま動くだけ。どうやら薬の使いすぎで効きすぎちゃったみたい。麻酔性鎮痛薬の拮抗薬として「ナルカン」という薬を使うのですが、使うのも見るのも初めて。たった0.5ccを静中して1分も経たないうちにさっきまで昏睡状態だった患者がふっと目をさましてべらべらとしゃべりだした。すごい!!ナルカン 万歳!!
でもナルカンの効き目も30分ほどで切れて、またすやすやと眠りに落ちちゃったのです。医師に報告して2回目のナルカンIV.今度はえんえん泣き出してしまいなんだか落ち着かない。
転倒の危険もあるので患者の病室で記録をしたりしてその日はほとんどその患者に付きっきりでした。
3日目には医師から退院の指示が出たのですが、医師が患者に鎮痛薬の処方は出来ないと言ったとたんにすっごい落ち込んで、「気分が悪い」とまで言い始めました。
他のナースに話すと「ああいうタイプの患者は鎮痛薬をもらえるまで居座ろうとするから早く退院させないといけない。患者の話に流されちゃ駄目よ。退院の手続きが終わるまであんまり患者の所に行かないように」と言われる。患者は車もないしお金も無い。病院がタクシーを呼んで半ば追い出すかのように患者は退院。なんだか可哀想なきもするけど、これが一番いい方法なんだとか。
3日目には2人の患者が急変。2人とも私の患者ではないけれど、Rapid Response Teamがどう対応するのかを見学に。Teamには医師はいません。ICUで経験をつんだナースや呼吸管理士がマニュアルに沿って医師が来るまでの間に処置をするのです。落ち着いてテキパキとした行動に感動。日本ももっと看護の専門分野を広げて色んな分野のエキスパートナースをそだてるべきだと思った。
もtっと勉強して知識を深めたい!!と刺激を受けた日でした。
明後日は病棟スタッフのクリスマスパーティー。チラシ寿司を作る予定です。これをきっかけにもっとスタッフとの親交を深めたいナー、、、。
[PR]

by Orangenurse | 2007-12-06 23:08 | ナース生活

悔しい毎日

仕事にボチボチ慣れてきたと思えば「まだまだ」と思ったりして不安定な時期です。仕事に行く前いつも「今日は時間内に終わろう、時間通りに与薬が出来るようにしよう」と意気込むのですが、実際勤務が始まるとそう簡単にいかず気づけばすごい遅れていたりするわけです。
勤務時間より早く病棟に行って患者の検査データをチェックして、申し送りを聞いて、医者に連絡を取ったり検査かと連絡したりあれよと言う間に時間が過ぎてしまうのです。患者の処置をしている時でも電話が鳴ったり、とにかく忙しい。「ああああーーーーー!!!」と叫びたいくらい(心の中では実際に悲鳴をあげてます)。昨日なんてトイレに行く時間も我慢して、なんとか追いつこうとしたのに結局遅れてしまった。気づけば15時間トイレに行ってない、、、、。

仕事が遅い上に、確認が遅れたり、薬の時間が間に合わなかったり、夜勤への申し送りの時間になると「この患者さん何が起こっているんだっけ??何を申し送ればいいんだ??」って。夜勤さんも「???」ってなっちゃって、結局プリセプターが細かいところを申し送ってくれて「ああーー、そうなのね」と納得。

日本で働いていた時と今の仕事場を比べて何が違うのか考えてみる。日本でも検査結果は確認していたし、色んな課とのやり取りもしたし処置もたくさんあったし、どちらかというと日本にいた時の方が今以上に仕事量が多い。
違う点をあげるとすれば、医師がいつも病棟や病院内にいて、何かあればすぐ来る。というわけではなく、それぞれの医師が個人病院で働いているため、病院には1日一回(しかもいつ来るかは医師次第)、数十分しかいないので、医師との連絡はたいてい電話でのやり取りになる。
だから朝検査データを確認して問題があれば医師に電話しなくちゃいけないし、医師に連絡を取るときに患者がどんな状態で、どう変わったのか詳しく、かつポイントを絞って話さなきゃいけない。時には1人の患者にたくさんの専門分野の医師がついている事もあるのでどの医師がどの問題に関して関わっているのかも知る必要がある(色んな医者がいすぎて把握できていないのが私の問題)。
CTやMRIなどの検査結果もチェックして時にはその結果も医師に電話で話さなくちゃいけない。
患者を一番知っているのは私達看護師。変化に一番に気づくのも看護師。だからこそ専門的な知識と正確な判断力が必要。なんだか医療判断の全てを任されているような気がして、気分的にすごくプレッシャーなのです。
医師が薬をオーダーしても、言われたとおりにやるのではなく、薬量の確認はもちろんの事、何で必要なのか、気をつけなくちゃいけない事は何かなどを考えた上で患者さんに薬を渡さないといけないのです(当たり前だけど、全ての薬を把握しているわけではない。)何かあればそれはナースの責任になってしまうから。
要するに、私はまだ知識が浅い。分からない事がたくさんありすぎて不安とプレッシャーで一杯一杯になっているから確認に時間がかかったり、余計な動きが多かったりするのかなー?なんて今思います。
時間がかかってもいいから。一番大事なのは「患者さんの安全」。とプリセプターは励ましてくれます。確かにその通りだけど、もうちょっと効率よく動きたいものです。
[PR]

by Orangenurse | 2007-11-13 23:09 | ナース生活

頑張れそう。

プリセプターが変わって2回目の勤務。1日目はプリセプターも私がどこまでできるのかわからないし、私もプリセプターがどこまでサポートしてくれるのか分からなくて戸惑った事が多かった。でもこのプリセプターもいい人でとても知識の多い人ですごいナーとただただ感心。
プリセプターにあらかじめ自分の弱点(コミュニケーションとオーダー受け)を話しておいたので、プリセプターもそこを中心にサポートしてくれた。
彼女いわく、「もう1人立ちして十分じゃないの?分からない事があれば聞けばいいし、流れが把握できているからそれでいいと思うんだけど、、、」と。嬉しいけど不安がまだ残る、、、。
他のナースにも話しを聞くと、1週間でオリエンテーションが終わってしまってわけが分からないままひとり立ちしているナースもいて、そんな話しを聞いたら自分がどんだけ甘えているか分かった。「失敗が怖くて誰かに側にいて欲しい。」っていう甘えの気持ちがひとり立ちできない大きな原因だと思う。誰だって失敗は怖いのに、、、、。
1日目を終えてプリセプターに「You are a dictator, You need to delegate.」 といわれた。どうやら私は周りの人に助けを求めず、何でも自分でやろうとするから時間が無くなり、記録や処置が間に合わない。だから自分が指導者となり、まわりにどんどん助けを求める事!!という事だった。 確かに、そうかもしれない。病棟にはTechといういわゆる看護助手だけど、彼らはバイタルチェック、患者さんの体を拭いたり、ナースコールをとったり、食事介助したり、医療行為以外の日常生活援助をすべてやってくれるので、手が足りない時は頼んでいいのだ。そのために各自電話を持ってすぐに連絡できるようにしてある。
でも、私の考えとしてはTechもたくさんの患者を抱えて忙しそうだし、ちょっとした事で呼ぶのも悪い気がしてついつい自分でやってしまう(全部はできないけど、、、)。そして、日本では看護師が全ての行為をしてきた。それも看護の1つという考えがあるから。
もう一つの原因として、人に何かを頼むのがもともと苦手。嫌がられたりするのがこわいからかなー??中学生の頃友達に「Nちゃん(私)って、八方美人だよね」っていわれた事がある。誰にでもいい顔して調子がいいみたいな意味で言われたんだと思うけど、そうなのかな??確かに周りを気にしすぎて嫌われたり、悪いイメージを持たれたりするのが怖くて周りに合わせることもあるけれど、、、、。
患者さんにも悪い印象を与えたくないし、病院のイメージにも響くからなんとか患者さんの希望に応えようとして自分の仕事を後回しにして、Techがやる仕事もついついやってしまうのかも、、、。
こっちでは嫌な事は「嫌」、できない事は「できない」って自己主張が強い人が多いから、その環境に慣れないとなー、、。

プリセプターに「医者や他のスタッフと話すのがとにかく緊張する」という話しをしたら、「You need to socialize, You need to be a part of the team」って言われた。そして、彼女は病棟に来る医師それぞれに私を紹介してくれた。「She is afraid of Dr」って冗談(でもない)を言いながら、、、。でも彼女のお陰でなんだか周りの輪に入り込めた気がする。
プリセプターと話していく中で、「仲間意識を高めてコミュニケーションしやすい環境」を作って行く事が今の私の課題だという事に結論がついた。そのためにSocializeにならないと。周りはいつでも私の助けをサポートしてくれる。大切なのは私からその助けを(声を出して)求める事だ、、、。

2日目はプリセプターはほとんど付かず、私のやりたいようにやらせてくれた。戸惑う事が多かったけれど、仕事をやり終えて「なんだ、、自分だけでも動けるじゃん、、、。」っていうちょっとした自信が芽生えた。以前のプリセプターはほとんど私にぴったりくっついていたから、自分がどこまで出来るか分からなかった。
オリエンテーションはもう今月で終了できるようにしよう。「1人立ちできます」って自信を持っていえるようにしよう。
[PR]

by Orangenurse | 2007-10-30 22:37 | ナース生活

まだまだ、、、、、

仕事を始めて早2ヶ月。まだまだプリセプターがいないと不安な状況で働いてます。私のプリセプターは本当に有能。知識豊富でスタッフ(特に医師)や患者からの信頼もあつく、時間内に仕事を終え、気が利いていて全ての事に丁寧でとにかく感心します。そのプリセプターとの仕事も今日で最後。次のシフトから別のプリセプターが付くのです。せっかく今のプリセプターと慣れてきたのに、、、。でもいつまでも今のプリセプターに甘えてちゃいけないのかな、、、なんて思ったり。色んな人から色々学ぶのもいいだろうし、、、。
とにかく不安だらけ。5人患者持っていても精一杯で、患者の検査値とか薬とか病態生理とか治療方針とかがまだ繋がってなくて、なんでこのオーダーが出ているんだろう、、、って考える余裕がないままとにかく言われるまま動いてる感じ。
神経質な患者や家族が特に苦手。余計に緊張しちゃって言葉も出ない、、、、。逆にお年寄りやちょっと呆けている患者さんとはすっごくやり取りしやすい。
看護師1人1人に電話が持たされて、色んなところから電話がかかってくるし、話しが見えないし、電話の相手も聞きなれない私の名前を聞いて「????Sさん(プリセプター)いる?」てな感じ。
このままじゃ何日経っても1人立ちなんて無理そうな気がしてならない。海外で働くナースは同じ思いをして来ているのだろうか、それとも私の仕事の飲み込みが悪いのか??
日本では患者を9-10人夜勤はそれ以上受け持っていたけれど、なんとか仕事していたのになー、、、、。やっぱり言葉のせい?環境のせい?
今週の勤務は終了。
TOEFLの結果は予測どおり駄目でした。一緒に受けていたロシアの子は予測どおり目標点数を楽々超えてました。また受けなくちゃ、、。もう、英語のバカ!!「なんでアメリカ人に生まれてこなかったんだろう」なんてどうしようもない事考えたりしてます。
頑張れ自分!!
[PR]

by Orangenurse | 2007-10-24 11:19 | ナース生活