カテゴリ:ナース生活( 40 )

終わっちゃった。

今日は本当に本当の仕事納め。去年のちょうど今日は大学の卒業式で、OPTを始めたばかりだったのに。もう1年経っちゃった。去年の事がまだ鮮明に記憶にあるので、この1年が本当に早くすぎた感じ。
なんだか気持ちは複雑で、もうみんなと働けないと思うと切ないし、でも仕事のストレスから開放されてちょっとホッとしている自分もいるし、、、。そういうものなのかな。

職場のみんながケーキとお花をくれて、お昼までご馳走してくれて手紙ももらって、なんだか盛大なお別れ会をしてもらった。これも積極的なチャージナースCのおかげ。いい同僚に恵まれて本当に学びの多い3年だった。
ナースの一人が「来たときは英語があんまりしゃべれなかったのに、、、。今見てごらんよ。成長したよー。」なんて言ってきて、確かにそうだった。実践で使う医療英語やルーティーンワークなど知らないことが多すぎて戸惑ってばかりだった。気づけば3年も働いていたんだけど、仕事を始めた日の事を今でも昨日の事のように覚えてるし、オドオドしてばかりだったし、英語もなかなか伝わらずかなり凹んだり、、、。まだまだ反省する部分も勉強することもたくさんあるし、どうにも3年働いていたとは思えない。
でも、一生懸命だったことは確か。迷惑かけないように、遅れを取らないように焦りや不安や葛藤が色々あった中、やっと叶えた夢だから頑張ろうって。
この3年で、免許を持つものとしての意識がもっと高まった気がする。アメリカでは必要な事。

今日受け持った患者さんが退院する時「You are so sweet. You are a great nurse」と言ってくれてうるっときた。点滴さすのがまだ慣れない新人ナースを手伝って感謝された時もなんだかジーンときた。これから点滴させないと思うとちょっと淋しい、、、。

来年の今は何をしているのだろう。アメリカに居るのか、学校に通っているのか、働いているのか、、。
明日からは無職となり、しばらく節約する日々が続くだろうけどそれもこれからの夢に向けての辛抱だと思えばなんてこと無いはず。今の病院での経験を生かしてもっと頑張りたい。

同僚からもらった手紙にあるメッセージがあまりにも素敵なのでここに載せておきます。
"Life is a beautiful journey"
we all must travel our own unique way, with memories behind us
and dreams up ahead and a brand-new beginning each day.
d0014975_11204377.jpg


d0014975_11194820.jpg



一緒に働いてきた仲間に心から感謝したい。                  
[PR]

by orangenurse | 2010-05-09 11:02 | ナース生活

はぁー。

明日、明後日休みのはずが、人数が足りないから明日も仕事してって言われて、断りきれず。でも半日だけだからいい方なのだけれど。
うちの新しいマネージャーはあんまりスタッフと溶け込んでない。来てもう半年以上になるのだけれど、あんまりスタッフと話さないし、人数調整のときにだけちょこっと顔を出してくる程度。今回も仕事引き受けても「ありがとう」の一言もなし。「人材確保できてよかったぁー」の笑みくらいしか見えなかったよ。うそでもいいからちょっと労ってよね。そういうちょっとした気遣い、やさしさが必要なんだと思う。

今回受け持った患者さんの一人は病院を転々としては痛み止めをもらって毎日をしのいでいる人。もう何回も来ているのでみんな知っているし、その患者はかなりの我がままなのでみんなその患者を嫌っている。
患者もスタッフに好き嫌いがあるようで、平気で自分の好きなナースにはニコニコするのに、嫌いなナースに関しては悪態つくし、名指しで「このナースを担当からはずして!!」って言うし、退院したくないからあらゆる仮病を使って病院に居座ろうとするし、とにかくやっかい。

運よく私はその患者に好かれているのだけれど、それでも機嫌が悪いと「あっち行って」と言う。そういう患者の心理ってどうなんだろうね。たぶん、その患者さんにいろんなつらい過去があって、その怒りを周りにぶつけたいんだろうね。何を言おうが周りが自分よりも幸せに見えるんだから多少やつあたってもかまわないんだろう、、、と思って当たってるんだろうね、、、。

そういう人生ってなんか悲しいね。痛み止めに頼りながら生きて、家族もそばにいなくて、生きる喜びとか考える余裕すらないんだろうな、、。 
そういう患者さんにはあんまり深く考えないようにしている。何かひどいことを言われても「病気だから、、」とある意味割り切らないとこっちが参っちゃう。

話し変わって、昨日はスペースシャトルの打ち上げでした。仕事行く時間の朝の6時過ぎ、玄関開けたらシャトルが飛んでた。こっちでは当たり前になってきたけど、改めて考えてみるとすごいことだよね。シャトル見るために世界から来るんだから。

今回のシャトルには日本人女性の宇宙飛行士が乗っていて、とても誇りに思う。チャンスがあったら是非お目にかかりたい。

そんなこんなで今日はもう疲れたので、明日に備えて早く寝ます。
[PR]

by orangenurse | 2010-04-07 11:13 | ナース生活

看護って何だ??

先週からずっとICUで働いてます、、、。いろんな人に「ICUに移ったんだ、、、昇格したんだね」なんて言われてしまうんだけど、全然そんなことはなくて、ICUに行っても軽い患者を持たせてもらっているのでそんなに大変じゃないんです。時々自分の働いている病棟より楽珍なこともあるし。

大学院の準備を進めながら、自分の進路について改めて考えることが多くなって「看護って何なんだろう、、」って思うことが増えてきた。

こっちで働いてから、清拭や環境整備、検査介助など日本で看護師の仕事だと思っていたことがこっちでは全部看護助手さんの仕事になってて、ナースの仕事は与薬と記録と医師とのやり取り、患者の状態把握が中心。
先生達は病院にほとんどいないから朝の検査結果をチェックして問題だと思ったら先生に連絡。患者の状況や薬について何かおかしいと感じたら先生に連絡。ミニドクターみたいな事をこっちではやっている。問題を「問題」と気づき、「おかしい」と思うようになるためには知識が無いといけないわけで、日々学ぶ事がある。

看護学生時代「看護の「看」の字は「手で見る」ということ」と習った記憶があって、今でも看護はそうあるべきだと思っている。痛みがあったら薬で痛みを取り除くのは医師の仕事であって、看護師はマッサージをしたり、温罨法をしたり、環境を整えたり、手を握ってみたり、薬じゃない別の方法で介入するべきだと思っている。
でも今やっていることといえば、痛みがあればすぐに薬をあげちゃうし、患者と長く付き添える時間もない。

先生は先生で、みんなバラバラな時間にやってきて、来たかと思えば患者とたいした話もせずちょろっと指示を書いてすぐに行っちゃうし、患者の状況なんか全く知らないから全部ナースに聞いてくるし、電話したって連絡がすぐにつかない時の方が多いし、日本の医師と違って誠意が全く見られない。そんなに忙しいなら患者をとるな!!って言いたくなる。

日本の医師やナースの方がもっとちゃんとしているような気がしてきた。なんで私ここにいるんだろう、、、?って時々思う。

私、ナースとして何をしたいんだろう??

そんなことを日々考えながらも答えはまだでていない。でも、このままじゃいけないと思う。
[PR]

by orangenurse | 2010-04-03 12:08 | ナース生活

いそがしぃーー

月、火と仕事だったのですが、最近は病院がとにかく忙しい。退院が出ればすぐに入院がきて息つく暇がない。おとといは初めてMed-Surge(内科外科)病棟にお手伝いで呼ばれて、システムや物品の場所など全く違うのでオロオロしまくり。うわさではスタッフが冷たいと聞いていたのですが、私が一緒に働いたスタッフは優しいいひとだったのでよかったです。

昨日もとにかく忙しくて、退院のオーダーがあるたびに「はー、次入院とるのか、、」とため息がでる。
ミスが無く無事に終わることだけをめざしてただひたすら働いている感じです。

受け持ちの患者の1人が「先生がこない、シーツも3日間変えてない、もう家に帰りたい、、、。」と不満を言い出して、座ってよくよく話を聞いてみたら先生達はいつも夜遅くに来て十分な説明もないまますぐに行っちゃうとのこと。うちの病院ではそういう不満がしょっちゅうで、本当に患者さんがかわいそう。
話を聞いた後、シーツも交換してあげたら(シーツ交換はナースの業務ではないのだけれど、、)機嫌が良くなって一安心。部屋を出る前に「座って話を聞いてくれた人、あなたが初めてだよ、、ありがとう」って。そんなちょっとしたことで感謝されて嬉しいんだけど、よっぽど不満がたまっていたんだと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

ナースとして大事なこと思い出させてくれました。

今日は本当は仕事のスケジュール入れてたんだけど、先週のうちにキャンセルしておいたのでOFF。よかったぁーーー。3日連勤は精神的にきついです。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-25 00:28 | ナース生活

愚痴をこぼします。

フロリダにもやっと暖かさが戻ってきました。週末は仕事だったのですが、ちょいと苦手なナースを見つけてしまいました。
彼女の名はアンジェラ。とにかくどうでもいいことをよく話す。仕事が始まったとたんに「あー疲れた。帰っていい??」と言い出す。似たようなナースは結構いるのですが、アンジェラはテンぱると周りを巻き込む。昨日は一人ナースが病気で欠勤。もう一人は勤務予定なのに仕事に来なくてチャージナースが患者を持つことに。その時点でアンジェラはすでにパニック。入院患者も増えて結構忙しくなってきた午後1時ごろに「あたしもう耐えられない。入院なんて取れないし、輸血しなきゃいけない患者もいるし、人手が足りなさ過ぎる!!」と言って連絡簿を持ち出し片っ端から休みのナースに電話しだした。しかも夜勤ナースまで。周りのナースは「これから退院も出るかもしれないし、日曜日に働く人なんて滅多にいないんだから、迷惑にもなるしちょっと待とうよ」って止めたんだけど、もう聞く余地なし。結局夜勤ナースの1人がヘルプに来てくれることになったんだけど、その相手が見つかるまで30-40分以上はかかっていたと思う。私はそんな時間あるならさっさと自分の仕事終わらせて入院取れるようにすればいいのに、、と思いながらもアンジェラの様子を見ていた。
なんかアンジェラの慌てぶりを見て、普段は割と冷静を装っている私でも「そんなに今うちの病棟は大変なのか?!どうしよう!!」ってなんか焦ってきちゃったんだけど、実際はそうでもなかった。退院もあったし、入院を取れる余裕さえあった。本当にヘルプが必要だったのかも今では疑問。
とにかく、アンジェラのテンぱりぶりは周りを巻き込む。ワッと騒いでワッと消える、、、。他のナースに私がボソッと「She is like a storm......」と言ったら笑いながらも共感してた。
今度アンジェラと仕事が一緒の時は少し距離を置いておこうと思う。
アンジェラの他にもう一人苦手な人物あり。その人はナースアシスタントでアンジェラとやたら仲がいい。うちの病院ができた時から働いているのでかなりボス的な存在で、仕事をよく手抜きをする。勤務時間は朝7時からなのに、6時半頃に来て患者のバイタルをチェックし始めてその分多く休み時間をとる。患者にとってはいい迷惑。そんな朝早くから起こされて上がる血圧も上がらないよ。
しょっちゅうナースステーションにいて何故か秘書の仕事を手伝う。本来ならホールにいてナースコールにすぐ対応すべきなのに、あえて遠くで待機して近くにいる他のアシスタントに仕事をさせる。
何か頼むと調子いいときは快く引き受けてくれるんだけど、頼むタイミングを逃すと思いっきり嫌な顔されてため息疲れる、、、。「私今さっきOOしてきて疲れてるんだけど、、、。」って言ってくる。私の英語が聞き取れないと「はぁー?」みたいな顔をしてくる。
とにかくその人がいるときは何事も頼みにくくて、、、、。相手も私の性格を知っているから強く出るんだよね。
誰かにこの愚痴をこぼしたいんだけど、そう思っているのは私だけかもしれないと思うと言えないし、その人にばれたら怖いので病棟ではグッとこらえていたのですが、爆発しそうなのでここで書かせてもらいました。
ま、色々な人間がいるよね。ああいう人たちにならないように気をつけようと思う。

話し変わって、、、
宣伝です。
日本の「和」のデザインに興味のある方。是非このサイトをチェックしてみてください。日本らしいデザインを世界に広めましょう!!英訳(中国訳)もしていくので友達の外国人にもお勧めしてみてください。

KASANE
[PR]

by orangenurse | 2009-02-10 00:35 | ナース生活

やっちまった、、、、

初めて仕事で遅刻した。
朝6時にセットしておいたはずの時計がならず(結果的にはセットが間違っていた、、。)、朝7時30に目が覚め(というか起こされ、、)頭が一瞬真っ白に。携帯には病院から留守電が入っているし(消音にしておいたので気づかなかった、、)、、、。慌てて病院に電話を入れて病院に直行。幸い、病棟は落ち着いていたので特に問題はなかったけど、まさか遅刻するとは思わなかった、、病棟スタッフも「何かあったのかと思った」と。もうこんな事がないように気をつけないと、、、、。

学校の方も今は日本で言う期末試験であと2つテストが残ってます。これが終われば2週間の休みーーーー!!!!
来セメのクラスのスケジュールを組んだのですが、どうやらオーランドの方まで(車で1時間ほど、、、)クラスを受けないといけなくなりそうです。RN to BSNは基本的にオンラインなのでクラスでの講義は限られてます。でも私は学生ビザなので、規定により最低でも9Creditesはクラスでの授業、残りはオンラインでもかまわないということ。でもそのクラスのほとんどはオーランドまで行かないとやってないというのです。学生ビザめ!!
早くTOEFLパスしてビザスクリーンを通ればグリーンカードの変更手続きができて学生ビザのルールに縛られる事がないのに、、、、。TOEFLがパスできない自分に問題ありだな。
自業自得ってやつですか、、。はぁ、、、。

休みの2週間はしっかり休んで次のセメスターに前向きに取り組めるようにしよう。
[PR]

by Orangenurse | 2008-07-27 23:37 | ナース生活

頑張った3日間。

先週は4日間の休みの後、3日連続で働きました。4日の休み中、絶対病院からヘルプの電話が来ると覚悟していたのに、一切連絡なし。何があったのか逆に不安になった(笑)丸々4日間もお休みもらったの久しぶり。お陰さまで学校準備もできました。入学手続きは全部メインキャンパス。車で1時間30分位かかるのでそう何回も行けません。聞きたい事や提出書類などまとめてもって1度で済む様にしたいのですが、なかなかスムーズにいかず、最近は週1回は行ってます(泣)クラスを早く登録したいのにオリエンテーションが終わらないと駄目とか、ワクチンがすまないと駄目とかとにかくめんどくさい事がたくさん。その上私は留学生なのでインターナショナルオフィスとのやり取りなどめんどくさい事が2倍3倍に増えてます。そんな面倒な手続きもあと少しだけ。
仕事と学校の両立、正直不安です。やっと「看護」を勉強できる嬉しさと不安が混ざっている状態。

金曜日の勤務後、他のナースが「夕飯食べに行こうよ!!」と言うので6人くらいで制服のまま近くのレストランへ。ご飯を待っている間お酒を飲んでちょっといい気分に。なんかこういうのいいなーーー。ライブバンドの演奏を聴きながら先輩ナース達が立ち上がり踊り始めた。制服着ていようが関係なし。結局私も踊る羽目になった。まだそこまで酔ってないんだけど、、、恥ずかしい気持ちで一杯になりつつ勢いで踊りました。周りは「なんだあのアジア人?」と思っているはず!!
でも久々に飲んで、話して、笑って楽しかった。また行きたいな。
[PR]

by Orangenurse | 2008-04-29 01:12 | ナース生活

近況報告

久々のブログ更新。気づけば1ヶ月ぶり。本当に毎日があっという間で、、、、いいんだか悪いんだか。
仕事の方はルーチンワークに慣れてきたせいか、以前と比べてそんなに緊張しなくなりました。余裕が出てきたせいか、最近は周りのスタッフの性格がだんだん分かってきて「あの人は仕事ができる」とか「この人は仕事ができるけど自分勝手」とかが見えてきて自分が困った時に誰に相談すべきか区別をつけるようになりました。仕事のやりやすさって人間関係も影響してくるのねぇー。知っていたことなのに今までは自分の事で精一杯で周りが見えていなかった。
スタッフ不足は相変わらず。余計にひどくなった気がする。というのも今月3人のナースがやめたからです。うち2人は私と同時期に入った新人ナースです。うちの病院は看護師と患者の割合が1:6のはずなのですが、最近は看護師不足で1:7-8になってしまい、それに耐え切れなくなって出て行ったそうです。耐え切れないと言うよりも、「多くの患者を持ちすぎて万が一ミスを起こした時に免許停止の可能性もあるので、そんなリスキーな仕事はできない」といった感じ。
こういうところがアメリカだなーと思う。
前に8人の患者が付いた事があって同僚に「8人なんて絶対無理。新人だし、何かあったときに責任取れる??嫌な時は嫌ってちゃんと言ったほうがいいよ」っていわれたことがある。でも私が嫌だといったところで他の人が変わってくれるわけでもない。8人いたって患者が落ち着いている時は何とかなるし、5人しかいなくてもすっごい忙しかった時もある。私としては「やってみないと分からない」というのがホンネ。アメリカ人(って全ての人ではないけれど、、)はやる前から自分にラインを引いてそれ以上はやらないって決めてる感じ。
どっちがいいのかは分からないけれど、そういうアメリカ的な考えもここで住んでいく上で大事なのかな?とも思う。

話し変わって、ここ最近はRN to BSNの編入準備でちょっと忙しいです。準備が遅かったせいか今になってバタバタしちゃって、来月から始まるのに大丈夫なのか??
TOEFLも未だにスピーキングで落ちちゃって、どうしていいんだか、、、。ただ話すんじゃなくて要領をうまくまとめて時間内に話す力を身につけないといけないんだけど、どう練習していいのやら、、、。アメリカ生活4年目にして未だに英語でつまづいているなんて情けない、、、。
頑張らないとね。

そんなこんなで仕事と学校準備で今は一杯一杯。彼氏も就労ビザを申し込んで結果待ち。もし取れなかったら台湾に帰国しなくてはいけません。私よりも彼のほうが厳しい状況に置かれているのにいつも前向きなので感心してます。
いい方向にお互い向かう事を祈るしかありません。
[PR]

by Orangenurse | 2008-04-22 07:29 | ナース生活

EXTRA 

前にも書いたけど、この所休みの日は必ず病院から電話がかかってくるようになった。気になって明け方になると神経が電話の方に集中している。なので最近はあえて電話を遠ざけて、電話は無視する事にした。それでも「着信あり、メッセージあり」の文字を見ると胃が痛む。罪悪感でいっぱいになる。
他のナースに聞いてみたところどうやらみんな無視しているみたい。そういうもんなんだなー、、、気が小さいのは私だけ?これも国の違い??

昨日は仕事で本当は今日は休みだったんだけど、昨日の時点で今日電話かかってくる事は分かっていた。昨日の仕事があんまりスムーズにいかなかったのでリベンジしたい!っていう気持ちもあって、今日はExtraで働きました。昨日と同じ患者だったので大体の事を把握できていたので昨日よりかはわりとスムーズにいった気がする。明日休んでその後3連勤。勤務中にスーパーバイザーが1人1人に「明日働ける??」と聞き周っていた。直接交渉は卑怯だよ!「NO」って言いづらいもん。 私も聞かれたけど明日働けば6連勤になってしまうので、できれば休みたい。と伝えておいた。6連勤なんて多分だれもやった事がないだろう。とてもじゃないけど精神的につらい、、、。

精神的に辛いといえば言葉の問題。この間ドクターから電話でオーダーをもらったのだけれどよく分からなくて何度も聞き返したら「Do you understand English?? Here is America!!」と嫌味と怒りたっぷりに言われた。こういうときは他のナースに電話を変わってもらうしかない。特に薬の名前はスペルなんかが分かりずらいので、スペルを言ってもらうようにお願いするのだけれど、親切にちゃんと教えてくれる人もいれば、ため息混じりにしぶしぶ言う人もいる。そういう時は本当に辛い。「あんただって日本に来たら同じ目に合わせてやる!!」って言えるものなら言ってやりたい。
言葉の問題はすぐには上達しないから悔しさ、もどかしさ、情けなさ、と恐怖感で一杯になる。1度恐怖を覚えてしまうと次に話すのが怖くなったり、電話を取るのが怖くなったりする。この恐怖感に負けないようになんとか喰いしばっている。
言葉の問題は外国人が必ず通る道。ある程度は覚悟してあんまり気にしないようにしていきたい。それにしても悔しい、、、、、。一晩でで英語がペラペラになれる方法があったらいいのに、、、。こういう悔しい思いを経験して自分は成長していくんだろう。1年後には良くなっているはず。今の出来事を笑って話せる日がきっと来るはず。
その日を楽しみに、今は辛くても頑張ろう。
[PR]

by Orangenurse | 2008-03-06 12:51 | ナース生活

ジレンマ

月曜から今日(水曜)まで3連休。なのに、、、朝電話が鳴った。嫌な予感。うだうだしてたら切られてしまって留守電に「もし今日働けたら電話ください」と。やっぱり、、、。
ここの所病院は本当に忙しそう。と思うと余計に行きたくなくなる。明日明後日と働くことになっているのでもし今日働けば3連勤。しかも平日。平日の勤務は忙しいのは目に見えている。
日本人から見れば3連勤の何がつらいんだ??と思うかもしれませんが、今の生活に慣れてしまったのか、精神的にとてもつらいんですよ、、、。
でも電話が鳴って迷った、、、。行くべきか、休むべきか、、、、。行けばお金が入るし、それはとってもありがたいこと。でも今日行けば3連勤。かなり疲れることが予想される。
で、結局休む事にしたんだけど、すごく罪悪感。特に今日予定は無いので働こうと思えば働けるのに、「嫌」というだけで断っていいものか、、、、。今日のスタッフはかなり大変じゃないだろうか、、、??でも、私以外のナースにも電話しているだろうし、誰かが働いているはず。
なんか仕事をサボっているような気がして後ろ髪を引かれる思いを朝からしているわけ。
気が小さいというか、弱気というか、、。

この貴重な休みを使ってTOEFLの勉強に励もうと思います。早くパスしないと後がつらい、、、。分かっちゃいるけど、なかなか勉強が手に付かないのです。

最近は自分に甘ーーーい!!何とかせねば、、、。
[PR]

by Orangenurse | 2008-02-28 01:14 | ナース生活