カテゴリ:未分類( 77 )

最近の私

相変わらず学校、実習、アパートの往復です。今は小児科の実習にも行っているのですが、Child Protectionという虐待やその疑いのある子供達を診るクリニックにいます。日本でも虐待は深刻になっていますが、こっちほどシステムが確立されてないように思います。

フロリダの法律では親は子をしつけとして叩いたりしてもいいのですが、あざを付けると虐待と疑われてしまいます。あざの場所にもよります。また、乳児に対して叩いたりすることはあざが残らなくても虐待とみなされます。

性的虐待を受けた5歳の男の子の診察にも立ち会いました。一番辛いのは両親です。しかも、加害者はお母さんの弟(16歳)だったので、余計に複雑です。

「蒙古斑」をあざと勘違いしてクリニックに連れてくる人もいます。

色んなケースを診れてとてもいい勉強になっています。

今日は図書館で友達と勉強した後久々にお酒を飲んで色々と語りました。ワイン1杯でほろ酔い。あーすっきり。

また明日から頑張れそうです。


写真は3月に行ったイチゴ祭りで見つけたお店。あの「クリスピークリーム」がハンバーガーに!?アメリカ人の発想は怖いです。

d0014975_9492784.jpg



1Q84 の3巻目、少しづつ読んでます。青豆の「ひとりぼっちではあるけれど、孤独ではない。」私も時々そんな気持ちになります。
[PR]

by orangenurse | 2011-04-16 09:50

東日本大震災の影響

東日本大震災から早くも2週間が経ちます。この震災が起きてからというもの、とても複雑な気持ちです。阪神大震災のときは日本に居てもこんな気持ちにはならなかったのに、、、。

日本中の人たちが余震や放射能、停電、物不足で色々と不便な生活を送っている中、フロリダに居る私はのうのうとこっちで生活している。節電や節水の協力も何もできない。

他国や他国のスター、多くの人たちが多額の義援金を出し合っているけれど、今の私には到底そんな事できません。

周りの人に大変だね、、、とか私以上に心配してくれるんだけど、私自身実際にその大変さを実感していないから私もなんていって良いのか分からなくなる。

マナーの良い日本と称えられてとても誇りに思うけれど。その場に居なかった私はその賞賛には値しない「日本人じゃない日本人」だと思う事が時々あって肩身が狭い気持ちになる。

こっちでできる事は募金の呼びかけしかできないからなんとも言えない罪悪感や無力感に時々さいなまれます。しかも、自分が医療者だから余計に無力感を感じます。

私以外の家族、友達が震災による生活の支障(停電や仕事場での物品の不足、余震の恐怖など)を受け、その辛さを分かってあげられない。今日本が、世界が1つになろうとしている時(大げさかもしれないけれど、、、)に輪に入れない孤独感のような気持ちもあります。

多分、こういう気持ちでいるのは私だけじゃなく海外に住むほとんどの日本人が経験していると思いますが、、。

ただただ「何もできなくてごめんなさい、、、」という気持ちになるんです。
[PR]

by orangenurse | 2011-03-26 12:27

東日本大震災

私が今住んでいるアパートにはTVがないので、朝実習に行く前にネットで地震のニュースをちらっと知って具体的なことが全然分かっていなかったんだけど、友達や学校から次々にメールが来てそれで初めてただ事ではない、、、と気づきました。

病院のテレビで津波の映像を見て、これが日本で起きているとはとてもじゃないけど信じられず、なんとも言えない異様な気持ちでした。

ニュースを見るたびに増えていく死者や不明者の数、、、。
私の家族や親戚はみんな無事なのでホッとしていますが、被災者の方々を思うと、とても胸が痛いです。

今日レストランで食事をしていると、見知らぬ他の客が近寄ってきて「あなた、日本人?今回の事大変だったわね、、、。」と声をかけてきました。

今回の事で、国境を越えた人の優しさ、思いやりを実感しています。

こちらからではできる事は限られていますが、募金を呼びかけてみようと思っています。

http://jmsa.org/latest/earthquake-relief-fund.html米国日本人医師会がオンラインで義援金援助を呼びかけているという情報をIさんより頂きました。アメリカに居る方、学校や病院などで広めて頂けるとありがたいです。


早く元の生活に戻れる事をただ祈るのみです。
[PR]

by orangenurse | 2011-03-14 11:02

渡されたのは、、、

d0014975_12152034.jpg

これ、何だと思いますか?

女性の方なら知っていると思いますが、産婦人科などで子宮の検査をする時に使う器具です。
今、Women's Healthの実習で妊婦さんの子宮検査などをするのですが、「子宮口(Cervical Os)」を見つけるのが苦手なんです。
今まで、一度たりとも見つけられた事がなく、悪戦苦闘しています。こんなに難しいものとは知りませんでした。

で、今日実習先で「慣れる様に練習するといいわ、、、」と言われてこれをもらってきました。

初診の妊婦さんは病歴や妊娠歴など詳しく聞かないといけないので、とても長くなるのですが、今日は私の要領が悪く、予想以上に時間がかかってしまいました。

今日の事を反省して、次頑張ろう!!!今日は落ち込まずに、前向きに考える事ができたので良かったとしよう。
[PR]

by orangenurse | 2011-02-16 12:23

バレンタイン

そういえば、今日はバレンタイン。

ここ数年、毎年バレンタインは彼からもらっているばかり。


仕事が忙しくて用意できなかった年もあり、今は貧乏学生なので何も買えず、、、。

そして今年は、この間彼が来たときにチョコレートをくれた。

完全に立場が逆になっている  ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!


アメリカだから許される事だろうなー、、、。


卒業して就職したらお返しをしよう。




みなさんは素敵なバレンタインをお過ごしでしょうか??
[PR]

by orangenurse | 2011-02-15 00:17

If...

実習のたび、授業のたびに自分が無知である事を思いさせられている毎日です。こんな無知な私がナースプラクティショナーになっていいものだろうか、、、、とまで思う。

私のプリセプターは本当にいろんな事を知っていて、患者や家族、ドクター、スタッフへの気配りもコミュニケーションも良くて、感心するばかり、、、。

クラスメイトも知識が豊富な人もたくさんいるし、どんどん自分が置いてかれるような気がして不安でしょうがない、、、。

知らないから今学校にいるわけで、学ぶために学校に通っているのは分かっているけれど、、、色々葛藤しています。

もし、アメリカに留学していなかったら今は何をしているだろうとふと考える。ずっと同じ病院で働いているのだろうか?違う仕事をしているのだろうか?早くに結婚して子供がいるのだろうか?とか、、、。

今日は病院にプレゼン用の患者の情報を取りに行った後、家の近くのコーヒーショップで一休み。
d0014975_10513438.jpg

今はまっているのが、「シナモンクランブルコーヒーケーキ」。アメリカのケーキにしては甘さも控えめで、とっても美味しいのです。

今日のマイアミはめずらしく肌寒かった、、、、。
[PR]

by orangenurse | 2011-02-12 10:55

無事終了

日本への婚姻手続きが無事に終わりました。

今のところ氏は変えず。婚姻から6ヶ月過ぎてから氏を変更するならば、日本の家庭裁判所からの許可が必要だそうです。とりあえず今は夫婦別姓です。ちなみに台湾は夫婦別姓が普通ですが、私の氏は台湾で使えないそうなので、台湾では彼の氏で、日本とアメリカでは私の氏で登録されています。

とりあえず、ひと段落着いてホッとしています。

マイアミは今日は風が強いけど、半そでで十分過ごせます。
[PR]

by orangenurse | 2011-02-08 03:41

時代

今はセオリー(いわゆる看護論)のクラスがあって、ペーパーの課題があるんだけど、いつまでたっても書くのは苦手です、、、。幸いグループでの課題なので、助け合っていけそうなのですがそれでもやっぱり足を引っ張るわけにはいきません。

私が選んだ看護論はアブデラという人の「21の看護問題」というもの。アブデラが書いた本を検索していたら、なんと1961年に書いた本を発見。病院の図書館にしかないという事が分かって、この間借りに行ったのですが、あまりにも古すぎて地下の書庫に眠っていました。

本を手にした時はなんだか歴史を感じるというか、そんなに厚くないのにずっしりと重みを感じました。今やパソコンで本も読める時代ですが、書籍の方が書いた人の心と言うか、その時代の背景が分かってくるような気がします。

d0014975_8383354.jpg

50年前の本を前にパソコンで作業をしていたら何だかものすごい時代の変化を感じました。

50年後の今は一体どんな世の中になっているのでしょうか、、、?

今日は旦那さんがマイアミに来てくれたので、近所にある飲茶レストランでたくさん美味しいものを食べてきました。写真撮るの忘れちゃった、、、。

余談ですが、結婚後まだ日本に婚姻届を出していなくて書類を取り寄せました。マイアミの大使館で婚姻届が出せるそうです。

話によれば、婚姻から3ヶ月以内に申し出ないと「遅延理由」の書類を書かされるらしいです。

必要な書類は
日本の婚姻届、戸籍謄本、アメリカの結婚証明書、証明書の和訳、相手の国籍の証明書(パスポートのコピー)、その和訳、をそれぞれ2通づつ。

台湾で申請した時は申請方法が違うので、ややっこしかったけど、日本と比べたら結構アバウトの様な、、、。

無事に手続きが済みますように。
[PR]

by orangenurse | 2011-02-07 08:50

2月

今月もあと1日で終わりですね。先月の今日は「今年ももう終わりだねー」なんて言っていたのに。
週末はメルボルンに帰っていました。

学校は実習が先週から始まって、色々勉強になります。今は母性と成人の実習があって、妊婦さんを診ているのですが、赤ちゃんを産むって本当に大変だなー、、って思います。

成人実習の方は心臓内科、外科を周っています。今まで働いていたところも心臓系だったので、経験が役に立っている時もあるので、良かったなーと思っています。

看護師で働いていた時は医師の指示に従って動いていましたが、今はその指示を出す立場となり、見る視点も変ってきます。いやー、知らない事がたくさんありますが、とても面白いです。

この間「トイレの神様」を初めて聞きましたが、いい曲ですねー。人気がある理由が分かりました。
[PR]

by orangenurse | 2011-02-01 05:54

しょうがないね、、、

去年、冬休み前に奨学金の募集があったので、だめもとで提出したのですが、休み明けに、書類が通ったという手紙をもらってとっても喜んでいたのですが、昨日「残念ながら、奨学金はアメリカ市民またはレジデント対象で、学生ビザの留学生には差し上げられません、、、。」という手紙をもらって、怒りとショックでどうしていいのか分からず、、、。

学校に行って話をしてきたのですが、学校側も詳細を把握していなかったようでどうにもできず、、、。募集要項にも申し込み条件が書いていなかったので、何となく不安はあったのですが、予感的中でした。期末試験中に時間を割いてエッセイを書いたのに、、。

奨学金が入ればどんなに楽になったか、、、。選ばれただけでも、それだけ認めてくれたって言う事で前向きに受け止めないとね。

留学生にはまだまだ厳しい世の中です。負けるな自分!!

学校に行ったら、プールですでに泳いでいる学生がいました。若いねぇー。

来週からは実習も始まるし。気持ち切り替えてまた頑張ろ!!
[PR]

by orangenurse | 2011-01-22 07:08