夢疲れ

時差ぼけもとっくに戻り、仕事も学校も始まりました。学校のほうは最後のセメスターということですべてのクラスをオンラインで取ってます。なのでもう1時間以上も運転して学校に行く必要も無くなり、かなりゆるーい生活を送ってます。毎週火曜と水曜はクリニックでの実習を入れているのですが、この間初めて行ってきました。8時から5時で1時間たっぷりの昼休憩。自分の働いている病院と流れている時間の速さがまったく違うのでびっくり。定時にあがれるし、なんかいいなーと感じました。クリニックには低所得者の人や保険を持っていない人などが中心で、ほとんどがアフリカ系アメリカ人かヒスパニック系で、やっぱり人種の違いは大きいと現実を目の当たりにしました。クリニックでは歯医者や健康診断、育児相談、栄養教育、性病教育、治療、がん検診など内容は豊富です。
低所得者には無料で避妊ピルやSTD(性感染症)の抗生剤など無料であげてます。それらをあげる際に一緒にコンドームもたくさんあげちゃいます。コンドームをわしづかみにして袋に入れている光景がなんだか最初は異様な感じでしたが、慣れてくるものですね。早期発見、治療、予防を重視することで感染症の広がるリスクを抑えることができるのですから、ここは本当に真剣に取り組まねば。
クリニックはもっと「人助け感」を得られるような気がする。「地域密着」というか、病院とはまた違った感じです。
まだ始まったばかりですが、色々学べそう。ちょっと病気と治療について勉強しておかないと、、。

最近猫用の散歩リードを買いました。うちの猫を外で散歩させるためです。最初は怖がっていましたが、今ではドアのそばで待っていてニャーニャー催促をするときもあります(それでも外に出るとオドオドしてるのですが、、)首輪だけのリードで散歩したときに、スルリと抜けられてしまったので、今回は体にも巻きつけるようなリードを買いました。「どんなサイズの猫にでも合う」と書いてあったのですが、実際つけてみると結構ピチピチです(笑)。
こんどその写真を載せていくので交ご期待。

フロリダもまだちょっと寒いです。
[PR]

by orangenurse | 2009-01-20 01:37 | アメリカ生活