GN Orientation

GNとは Graduate Nurseの事で先々週の一般のオリエンテーションの他に、GN用のオリエンテーションが先週の金曜日から始まってます。ほとんどの人が学校を卒業した人ばかりなのですが、他にも私のようにアメリカで看護教育を受けていない人や、しばらく看護師の仕事から離れていた人などもいます。
このオリエンテーションでは酸素マスクや吸引、点滴部位の消毒や急変時の対応など看護技術のおさらいをしています。物品が多少違う事を除けば技術的な点は日本と同じです。
今日は午前は急変時に使う薬について。午後は実際ICUに行って人形を使って人工呼吸の練習や救急カートの使い方について勉強しました。
私は薬の名前を覚えるのが苦手です、、、。指導してくれた人は看護師ですが、ERやICUなどの経験が豊富で医者並みの知識を持っているし、すごい人です。私もいつかその人のようにバリバリ働きたい。
薬の中には日本でも使った事のある薬がいくつかあります。が、発音が違います。
Lasix=ラシックス(日本語)=レイシックス(英語)
Digoxin=ジゴキシン(日)=ジ(ディ)ジョキシン(英)
Vasopressin=ばそぷレッシン(日)=ベイソプレッシン(英)
Morphine=モルヒネ(日)=モルフィン(英)
Lidocain=リドカイン(日)=ライドケイン(英)
などなど。聞いただけだと分からなくて字を見ると「あー、それね」っていうのがけっこう多い。
「Digoxin」が今言いづらい度No1.
ちなみにMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌=院内感染の元とも言われている病原菌)は日本では「エム アール エス エー」 だけど、こっちは「マーサ」って言ってます。最初何を話しているのか分からなかったし、誰かの名前かと思った(笑)。
午後のICUでの授業では与えられた患者の状況設定をもとに何をするのか、何が考えられるかなどグループでシュミレーションしていきました。周りのGN達は結構ポンポン答えていて私はただ後ろの方でただうなずいていただけ。こんなんじゃだめだぁーーー!

毎回オリエンテーションに出てへこんで帰ってくる。自分の知識と積極性の無さにあきれて勉強しようにもやる気が出なかったり、、、、。自暴自棄っていうのかなー、、、。
TOEFLも準備ができてなくて来週受ける予定だったのですが、9月の終わりに延期しました。
がんばらねばーーー。

今日はお給料をもらいました。本当は先週の金曜日にもらう予定だったのですが、病院から郵送されて来たので今日になりました(アメリカは現金ではなく小切手又は銀行振り込みです)。
他の州も同じだと思うけど、アメリカの給料は2週間毎にもらえます。「え?もう給料日??」って感じです。私は月1回の方がなんとなく好きなのですが、、、。早くもらえる分早く使ってしまいそうで、、、。なんだか今の私がお金をもらっていいのかなーー??っていう感じです。
とにかくこの3ヶ月乗り越えていけるように頑張ります。3ヵ月後はもう今年が終わるのか、、。と思うと怖い。本当に1年が経つのは早いですね。
[PR]

by Orangenurse | 2007-09-12 09:44 | ナース生活