もう 10月、、、       Oct 1, 2005

d0014975_2272194.jpg早いもので今年もあと2ヶ月で終わりですね。あまりの時間の早さにちょっと恐怖さえ感じます。
昨日からやっと看護試験の勉強を始めてます。授業で医学用語を習っているので問題を読むのも少し楽になりました。参考書を読んで問題の傾向について勉強。基礎的な問題よりもどうやら応用的な問題を問われるようです。「適切な判断と患者にあった適切な看護」これは日本でも同じ事。問題の中にアメリカらしいものがあったので紹介します。
ナースがハルドールを飲んでいる56歳の患者をケアしています。患者の食事について最も適切なメニューは次のうちどれでしょう??
1. 3oz(84g)ローストビーフ、ベイクドポテト、ドレッシングとサラダ、ディルピクルス、アップルパイ、ミルク
2. 3oz ベイクドチキン、インゲン、ご飯、パン1切れ、バナナ、ミルク
3. チーズバーガー、フライドポテト(ケチャップ付き)、チョコレートチップクッキー、リンゴ、ミルク。
4. 3oz 焼き魚、パン1切れ、ブロッコリー、アイスクリーム、30分後にパイナップルジュース。
この問題を読んだときどれも適切ではないと思ったけど、答えはちゃんとあります。
まず考えるのは「ハルドール」は抗精神薬ということ。次に抗精神薬を飲んでいる患者に食事療法が必要かどうか?特に必要ありません。 という事はこの問題は「一番バランスの良いメニューはどれか?」という事。ハルドールを飲んでいようがいまいが関係ないのです。(やられた!!)で、4つの中で一番バランスのいい食事は、、、2番です。私は4番を選びました。だって魚は一番ヘルシーだし。解説は「4番は30分後にジュースを飲む必要性はない。これは胃切後の食事療法である。1番と2番はどちらも正しいように思うが1番にあるピクルスは塩分が高いので正解は2番」だそうです。
ご飯とパンを食べるのもどうかと思うけど、、、。ピクルスをもし知らなかったらこの問題は解けないでしょうね。医学的な知識だけじゃなくアメリカの生活様式や社会的歴史的背景も知る必要があります。だから1つの問題を終えるのにすっごい時間がかかってしまう訳。ま、数をこなして慣れるしか無いでしょうね、、。今日も夏のように暑いフロリダ、、。青い空を眺めながら部屋にこもって今日も勉強です。
今日のトピックはちょっとマニアックでごめんなさいね。
[PR]

by orangenurse | 2005-10-02 02:56 | アメリカ生活