不思議な本       Sep 23, 05

d0014975_605818.jpgこの本は去年、職場の仲間が送ってくれたもの。私はこの本にずいぶんと励まされています。この本には100の「今日を楽しむための言葉」が書いてあって、ほんの一文なんだけど、「ずばりその通り!」というような事が書かれてます。例えば「「もし」と「もっと」が人生をつまらなくする」、「問題を数え上げているほど人生は長くない」「考えてばかりいると老けるよ」(大きなお世話!)などなど自分を客観的に考えさせてくれる本。落ち込んでいたりする時に読んだりするとなんか元気になる本。しかも毎回読むたびに受け止め方が全然違う。毎回自分の気持ちによって文章が変わって見える不思議な本。
日本にいた時、こういう本に励まされるのがどっちかと言うと嫌いだった。なんか著者の思うまんまって感じがして。でも、今はかなりありがたく思ってる。
昨日はビンセンスの友達が電話をくれて嬉しかった。楽しんでる?の質問に「楽しいですよー!!」と即答。私も聞かれたけど「まあね。大丈夫だよ」としか言えなかった。
自分で選んで来たアメリカ、フロリダ。なぜ「楽しいよ」と即答できなかったのか、、、何か心の中にもやもやしたものが残る。楽しんでない訳ではないけれど、、。
何が足りないのかな?本はこう言う。「今の幸福を感じられないで、なんで明日の幸福を感じられるのだろう」。確かにその通り。私は多分欲が深いのかな??
災害や色んな被害が多いアメリカで今こうして普通に暮らしているのは幸せとしか言いようがない。今あるものに感謝したいとおもう。
[PR]

by orangenurse | 2005-09-24 06:26 | アメリカ生活