看護って何だ??

先週からずっとICUで働いてます、、、。いろんな人に「ICUに移ったんだ、、、昇格したんだね」なんて言われてしまうんだけど、全然そんなことはなくて、ICUに行っても軽い患者を持たせてもらっているのでそんなに大変じゃないんです。時々自分の働いている病棟より楽珍なこともあるし。

大学院の準備を進めながら、自分の進路について改めて考えることが多くなって「看護って何なんだろう、、」って思うことが増えてきた。

こっちで働いてから、清拭や環境整備、検査介助など日本で看護師の仕事だと思っていたことがこっちでは全部看護助手さんの仕事になってて、ナースの仕事は与薬と記録と医師とのやり取り、患者の状態把握が中心。
先生達は病院にほとんどいないから朝の検査結果をチェックして問題だと思ったら先生に連絡。患者の状況や薬について何かおかしいと感じたら先生に連絡。ミニドクターみたいな事をこっちではやっている。問題を「問題」と気づき、「おかしい」と思うようになるためには知識が無いといけないわけで、日々学ぶ事がある。

看護学生時代「看護の「看」の字は「手で見る」ということ」と習った記憶があって、今でも看護はそうあるべきだと思っている。痛みがあったら薬で痛みを取り除くのは医師の仕事であって、看護師はマッサージをしたり、温罨法をしたり、環境を整えたり、手を握ってみたり、薬じゃない別の方法で介入するべきだと思っている。
でも今やっていることといえば、痛みがあればすぐに薬をあげちゃうし、患者と長く付き添える時間もない。

先生は先生で、みんなバラバラな時間にやってきて、来たかと思えば患者とたいした話もせずちょろっと指示を書いてすぐに行っちゃうし、患者の状況なんか全く知らないから全部ナースに聞いてくるし、電話したって連絡がすぐにつかない時の方が多いし、日本の医師と違って誠意が全く見られない。そんなに忙しいなら患者をとるな!!って言いたくなる。

日本の医師やナースの方がもっとちゃんとしているような気がしてきた。なんで私ここにいるんだろう、、、?って時々思う。

私、ナースとして何をしたいんだろう??

そんなことを日々考えながらも答えはまだでていない。でも、このままじゃいけないと思う。
[PR]

by orangenurse | 2010-04-03 12:08 | ナース生活