撃沈

この間GREを受けに行って結果は惨敗、、。やる前からこうなると分かってはいたけれど、ひょっとしたら、、っていうわずかな期待と奇跡を待っていた。やっぱり勉強不足が問題。単語が難し過ぎてもうあきらめ入っていたからなぁー、、、。
落ちると分かっていても、実際落ちるとへこむわけで、、、。なんなら受けなきゃ良かったとも思ったりするけれど、受けなかったら自分のダメさに気づかないのでいい経験だと思って前に進むようにします。

また来月受けるけど、これがラストチャンスだと思ってがんばります。TOEFLもIELTSも何だかんだ言いながらも結局パスしてるんだから、今回だって大丈夫!!気合だ!!

土日はお仕事でそんなに忙しくなく終わりました。いつも今日みたいに穏やかにすぎればいいのに、、。
肩の手術を受けた患者をもったのだけど、手術をした先生が術後まったく患者を見に来ない。
整形の先生は術後その日に退院までのすべてのオーダーを出すようになっている。痛み止めから消毒の指示まで。ドレーンの抜去も指示にあったりして「抜いちゃっていいの??」ってドキドキする。
よほどの変化がない限り先生に電話する事がないようになっているのだけど、いいのかなそれで、、って思う。はっきり言って無責任。手術した患者が気にならないのかな??そんなに自信あるのかな??
患者はてっきり先生が来ると思って待っているのだけど、来ないから怒りのはけ口がナースである私達になって、どういって良いのか分からない。
今日はその先生のポケベルを鳴らしてみたけど、案の定連絡なし。

こっちで働いてみて思うのは日本人の医者の方がよっぽど知識があるし、患者を気にかけている。
最近、アメリカの医療が本当にいいものなのか不信感が出てきました。いいと思っていたのは錯覚かも、、、。
[PR]

by orangenurse | 2010-03-01 12:05 | アメリカ生活